sched_get_priority_min(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sched_get_priority_min

前のページ 上に戻る 次のページ

sched_get_priority_min


     Standard C Library (libc, -lc)


書式

     #include <sched.h>

     int
     sched_get_priority_max(int policy);

     int
     sched_get_priority_min(int policy);

     int
     sched_rr_get_interval(pid_t pid, struct timespec *interval);


解説

     sched_get_priority_max() 関数と sched_get_priority_min() 関数は、 policy
     で指定されたスケジューリング方針について、それぞれ該当する最大と最小を返
     します。 sched_rr_get_interval() 関数は、 interval 引数によって参照される
     timespec 構造体を、 pid で指定されるプロセスについて現在の実行時間制限 (
     すなわち、時間量) が含まれるように更新します。 pid が 0 の場合、呼び出し
     元プロセスに関する現在の実行時間制限が返されます。

     policy の値は <sched.h> で定義されたスケジュール方針の 1 つにする必要があ
     ります。

     [SCHED_FIFO]   ラウンドロビンスケジュールなしの先入先出 (FIFO) 固定優先順
                    位スケジュール。

     [SCHED_OTHER]  標準のタイムシェアリングスケジューラ。

     [SCHED_RR]     同じ優先順位のプロセス間でのラウンドロビンスケジューリン
                    グ。


戻り値

     sched_get_priority_max() 関数と sched_get_priority_min() 関数は、正常に完
     了するとそれぞれ該当する最大値または最小値を返します。そうでない場合、ど
     ちらの関数も -1 が返され、エラーを示すために errno が設定されます。

     関数 sched_rr_get_interval() は、処理が成功すると値 0 を返します。そうで
     ない場合、値 -1 が返され、グローバル変数 errno が設定されてエラーを示しま
     す。


エラー

     処理を失敗すると、 errno は対応する値に設定されます。

     [EINVAL]           policy パラメータの値が定義されているスケジュール方針
                        ではありません。

     [ENOSYS]           sched_get_priority_max(), sched_get_priority_min(),
                        sched_rr_get_interval() は、この実装ではサポートされて
                        いません。


ABELNET VPSサービス