munmap(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

munmap

前のページ 上に戻る 次のページ

munmap




書式

     #include <sys/types.h>
     #include <sys/mman.h>

     int
     munmap(void *addr, size_t len);


解説

     munmap() システムコールは指定アドレス範囲についてマッピングを除去します。
     これにより、以降のこのアドレス範囲内への参照は無効なメモリ参照を引き起こ
     すようになります。


戻り値

     関数 munmap() は、処理が成功すると値 0 を返します。そうでない場合、値 -1
     が返され、グローバル変数 errno が設定されてエラーを示します。


エラー

     munmap() は次の場合に失敗します。

     [EINVAL]           addr パラメータがページ境界に整列していなかったか、
                        len パラメータが負であったか、またはアンマップする領域
                        の一部がプロセスにとって有効な範囲外にあります。


関連項目

     madvise(2), mincore(2), mprotect(2), msync(2), munmap(2), getpagesize(3)


歴史

     munmap() 関数は 4.4BSD ではじめて登場しました。

FreeBSD 4.4                      May 27, 1994                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス