mprotect(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mprotect

前のページ 上に戻る 次のページ

mprotect




書式

     #include <sys/types.h>
     #include <sys/mman.h>

     int
     mprotect(const void *addr, size_t len, int prot);


解説

     mprotect() システムコールは指定のページが保護属性 prot を持つように変更し
     ます。すべての場合においてページ単位での保護属性を保証するわけではありま
     せん。保護属性変更の細かさはリージョン全体と同じ大きさかもしれません。


戻り値

     関数 mprotect() は、処理が成功すると値 0 を返します。そうでない場合、値
     -1 が返され、グローバル変数 errno が設定されてエラーを示します。


エラー

     mprotect() 関数は次の場合に処理を失敗します。

     [EINVAL]           addr 引数と len 引数で指定している仮想アドレス範囲は有
                        効ではありません。

     [EACCES]           呼び出しプロセスは prot 引数によって指定される値に保護
                        属性を変更することを許可されていません。


関連項目

     madvise(2), mincore(2), msync(2), munmap(2)


歴史

     mprotect() 関数は 4.4BSD ではじめて登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 9, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス