mkfifo(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mkfifo

前のページ 上に戻る 次のページ

mkfifo




書式

     #include <sys/types.h>
     #include <sys/stat.h>

     int
     mkfifo(const char *path, mode_t mode);


解説

     mkfifo() は、 path という名前の新しい fifo ファイルを作成します。アクセス
     許可は mode によって指定され、呼び出しプロセスの umask(2) の制約を受けま
     す。

     fifo の所有者 ID は、プロセスの実効ユーザ ID に設定されます。 fifo のグル
     ープ ID は、それが作成される親ディレクトリの ID に設定されます。


戻り値

     関数 mkfifo() は、処理が成功すると値 0 を返します。そうでない場合、値 -1
     が返され、グローバル変数 errno が設定されてエラーを示します。


エラー

     mkfifo() は、次の場合に処理を失敗し、fifo は作成されません。

     [ENOTSUP]          カーネルが fifo をサポートするように構成されていませ
                        ん。

     [ENOTDIR]          パスの構成要素中にディレクトリ以外のものが含まれていま
                        す。

     [ENAMETOOLONG]     パス名の構成要素が 255 文字を越えているか、またはパス
                        名全体が 1023 文字を越えています。

     [ENOENT]           パスの構成要素が存在しません。

     [EACCES]           指定されたパスには、検索が許可されていないディレクトリ
                        が含まれています。

     [ELOOP]            パス名を変換するときに検出されたシンボリックリンクが多
                        すぎます。

     [EROFS]            指定されたファイルは読取り専用ファイルシステム上にあり
                        ます。

     [EEXIST]           指定のファイルがすでに存在します。

     [ENOSPC]           新しい fifo 用のエントリを配置するディレクトリが拡張で
                        きません。ディレクトリが入っているファイルシステムに空
                        き容量が残っていません。

     [ENOSPC]           fifo を作成するファイルシステム上に未使用の i ノードが
                        ありません。

                        を指しています。


関連項目

     chmod(2), mknod(2), stat(2), umask(2)


規格

     mkfifo() 関数は ISO/IEC 9945-1:1990 (``POSIX.1'') に準拠しています。

FreeBSD 4.4                      June 4, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス