kldload(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

kldload

前のページ 上に戻る 次のページ

kldload




書式

     #include <sys/param.h>
     #include <sys/linker.h>

     int
     kldload(const char *file);


解説

     関数 kldload() は、カーネルリンカを使用してカーネル内に kld ファイルをロ
     ードします。


戻り値

     関数 kldload() は、カーネル内にロードされた kld ファイルのファイル ID を
     返します。エラーが発生すると kldload() は -1 を返し、エラーを示すために
     errno が設定されます。


エラー

     指定されたファイルは次の場合を除いてロードされます。

     [EPERM]            ファイルを読取ることができません。あるいはファイルをカ
                        ーネルとリンクすることができません。 kld 関数を使用す
                        るためには root ユーザである必要があります。

     [EFAULT]           kld 情報をカーネル空間に追加するときに無効アドレスが検
                        出されました。

     [ENOMEM]           ファイルをカーネル内にロードするためのメモリがありませ
                        ん。

     [ENOENT]           ファイルが見つかりませんでした。

     [ENOEXEC]          file のファイル形式が認識されませんでした。


関連項目

     kldfind(2), kldfirstmod(2), kldnext(2), kldstat(2), kldsym(2),
     kldunload(2), modfind(2), modfnext(2), modnext(2), modstat(2), kld(4),
     kldload(8)


歴史

     kld インタフェースは FreeBSD 3.0 ではじめて登場しました。

FreeBSD 4.4                      March 3, 1999                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス