i386_get_ioperm(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

i386_get_ioperm

前のページ 上に戻る 次のページ

i386_get_ioperm


     Standard C Library (libc, -lc)


書式

     #include <machine/sysarch.h>

     int
     i386_get_ioperm(unsigned int start, unsigned int *length, int *enable);

     int
     i386_set_ioperm(unsigned int start, unsigned int length, int enable);


解説

     i386_get_ioperm() は、プロセスの入出力ポート空間についてのパーミッション
     を *enable 引数内に返します。ポートの範囲は start で開始し、連続エントリ
     の数が *length 内に返されます。

     i386_set_ioperm() は、 start 引数と length 引数によって記述された入出力ポ
     ートの範囲へのアクセスを enable 引数で指定された状態に設定します。


戻り値

     成功して終了したときには値 0 を返します。そうでない場合、値 -1 が返され、
     グローバル変数 errno が設定されてエラーを示します。


エラー

     i386_get_ioperm() と i386_set_ioperm() は次の場合に失敗します。

     [EINVAL]           start または length 引数に無効な範囲が指定されました。

     [EPERM]            i386_set_ioperm の呼び出し側がスーパユーザではありませ
                        んでした。


関連項目

     io(4)


作者

     このマニュアルページは Jonathan Lemon が作成しました。

FreeBSD 4.4                      July 27, 1998                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス