getsid(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

getsid

前のページ 上に戻る 次のページ

getsid




書式

     #include <unistd.h>

     pid_t
     getsid(pid_t pid);


解説

     getsid() は pid によって識別されるプロセスのセッション ID を返します。
     pid が 0 の場合、 getsid() は現在のプロセスのセッション ID を返します。


戻り値

     処理が正常に完了すると、関数 getsid() は指定されたプロセスのセッション ID
     を返します。そうでない場合は値 -1 が返され、エラーを示すために errno が設
     定されます。


エラー

     getsid() は次の場合を除いて正常に完了します。

     [ESRCH]            pid で指定されたプロセス ID を持つプロセスがない場合

     実装によっては、この関数呼び出しを呼び出しプロセスと同じセッション ID を
     持つプロセスに制限する可能性があることに注意してください。


関連項目

     getpgid(2), getpgrp(2), setpgid(2), setsid(2), termios(4)


歴史

     getsid() 関数は FreeBSD 3.0 ではじめて登場しました。 getsid() 関数呼び出
     しは AT&T System V UNIX での使用法に由来しています。

FreeBSD 4.4                     August 19, 1997                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス