getpgid(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

getpgid

前のページ 上に戻る 次のページ

getpgid




書式

     #include <unistd.h>

     pid_t
     getpgrp(void);

     pid_t
     getpgid(pid_t pid);


解説

     現在のプロセスのプロセスグループは getpgrp() によって返されます。 pid に
     よって識別されるプロセスのプロセスグループは getpgid() によって返されま
     す。 pid が 0 の場合、 getpgid() は現在のプロセスのプロセスグループを返し
     ます。

     プロセスグループはシグナルの配信用に使用され、また端末によって入力の要求
     を調整するのにも使用されます。端末と同じプロセスグループを持つ (1 つ以上
     の) プロセスはフォアグラウンドであり読み取りできます。一方でその他のプロ
     セスが読み取ろうした場合はシグナルによってブロックさせられます。

     このように、この呼び出しは csh(1) のようにジョブ制御のためにプロセスグル
     ープの作成を行なうプログラムによって使用されます。 tcgetpgrp() 呼び出しと
     tcsetpgrp() 呼び出しは制御端末のプロセスグループを取得/設定するのに使用さ
     れます。


戻り値

     getpgrp() 呼び出しは、常に成功します。成功裏に完了すると、 getpgid() 呼び
     出しは指定したプロセスのプロセスグループを返します。失敗すると、値 -1 を
     errno に設定してエラーを示します。


エラー

     getpgid() は次の場合以外は成功します:

     [ESRCH]            pid で指定したプロセスに対応するプロセスが見つかりませ
                        ん。


関連項目

     getsid(2), setpgid(2), termios(4)


歴史

     getpgrp() 関数は 4.0BSD で登場しました。 getpgid() 関数呼び出しは System
     V Release 4 での使用法に由来しています。


規格

     getpgrp() 関数は ISO/IEC 9945-1:1990 (``POSIX.1'') に準拠しています。


互換性

     このバージョンの getpgrp() は、 pid_t pid 引数を取らないという点で過去の
     Berkeley バージョンとは異なっています。互換性は ISO/IEC 9945-1:1990
     (``POSIX.1'') への対応により失われてしまいました。


ABELNET VPSサービス