getfh(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

getfh

前のページ 上に戻る 次のページ

getfh




書式

     #include <sys/param.h>
     #include <sys/mount.h>

     int
     getfh(const char *path, fhandle_t *fhp);


解説

     getfh() は指定のファイルまたはディレクトリのファイルハンドルを fhp が指す
     ファイルハンドルの格納領域に返します。このシステムコールはスーパユーザに
     限定されます。


戻り値

     関数 getfh() は、処理が成功すると値 0 を返します。そうでない場合、値 -1
     が返され、グローバル変数 errno が設定されてエラーを示します。


エラー

     getfh() は以下の 1 つでも真の場合、処理に失敗します。

     [ENOTDIR]          path の構成要素中にディレクトリ以外のものが含まれてい
                        ます。

     [ENAMETOOLONG]     path の構成要素が 255 文字を越えているか、または path
                        が 1023 文字を越えています。

     [ENOENT]           path が参照するファイルが存在しません。

     [EACCES]           path に検索が許可されていないディレクトリが含まれてい
                        ます。

     [ELOOP]            path を変換するときに検出されたシンボリックリンクが多
                        すぎます。

     [EFAULT]           fhp が無効なアドレスを指しています。

     [EIO]              ファイルシステムに読み書きしている間に I/O (入出力) エ
                        ラーが発生しました。


歴史

     getfh() 関数は 4.4BSD ではじめて登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 9, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス