geteuid(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

geteuid

前のページ 上に戻る 次のページ

geteuid




書式

     #include <unistd.h>
     #include <sys/types.h>

     uid_t
     getuid(void);

     uid_t
     geteuid(void);


解説

     getuid() 関数は、呼び出しプロセスの実ユーザ ID を返します。 geteuid() 関
     数は、呼び出しプロセスの実効ユーザ ID を返します。

     実ユーザ ID は、プログラムを起動したユーザの ID です。実効ユーザ ID は、
     ``set-user-ID'' モードプロセスの実行中にプロセスに追加のパーミッションを
     与えるので、 getuid() を使用して呼び出しプロセスの実ユーザ ID を把握しま
     す。


エラー

     getuid() 関数と geteuid() 関数は必ず正常に完了するので、エラーを示すため
     の戻り値はありません。


関連項目

     getgid(2), issetugid(2), setgid(2), setreuid(2), setuid(2)


規格

     geteuid() 関数と getuid() 関数は ISO/IEC 9945-1:1990 (``POSIX.1'') に準拠
     しています。


歴史

     getuid() 関数と geteuid() 関数は Version 7 AT&T UNIX ではじめて登場しまし
     た。

FreeBSD 4.4                      June 4, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス