getdtablesize(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

getdtablesize

前のページ 上に戻る 次のページ

getdtablesize




書式

     #include <unistd.h>

     int
     getdtablesize(void);


解説

     各プロセスには固定サイズの記述子テーブルがあり、テーブルには最低 20 個の
     スロットがあることが保証されています。記述子テーブル内のエントリは、 0 か
     らはじまる小さな整数で番号付けられています。システムコール
     getdtablesize() はこのテーブルのサイズを返します。


関連項目

     close(2), dup(2), open(2), select(2)


歴史

     getdtablesize() 関数は 4.2BSD で登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 4, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス