fhstatfs(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

fhstatfs

前のページ 上に戻る 次のページ

fhstatfs




書式

     #include <sys/param.h>
     #include <sys/mount.h>
     #include <sys/stat.h>

     int
     fhopen(const fhandle_t *fhp, int flags);

     int
     fhstat(const fhandle_t *fhp, struct stat *sb);

     int
     fhstatfs(const fhandle_t *fhp, struct statfs *buf);


解説

     これらの関数はファイルハンドル fhp で渡されたファイルにアクセスする手段を
     提供します。この方法はディレクトリのアクセス制限をバイパスするので、これ
     らのシステムコールの使用はスーパユーザに限定されています。

     fhopen() は fhp が参照するファイルを flags で指定にしたがって読み出し /
     書き込み / 読み書き用にオープンし、呼び出したプロセスにファイル記述子を返
     します。 flags は、 open(2) の呼び出す時に使われる各種フラグの or をとっ
     て指定します。ただし、フラグのうち O_CREAT は使えません。

     fhstat() と fhstatfs() はオープンされたファイルではなく、 fhp によって指
     し示されたファイルの情報を返すことを除いて fstat(2)fstatfs(2) 呼び出
     しと同等の機能を提供します。


戻り値

     処理が正常に完了すると、 fhopen() はオープンされたファイルの記述子を返し
     ます。そうでない場合は -1 が返され、エラーを示すために errno が設定されま
     す。

     関数 fhstat() および fhstatfs() は、処理が成功すると値 0 を返します。そう
     でない場合、値 -1 が返され、グローバル変数 errno が設定されてエラーを示し
     ます。


エラー

     open(2), fstat(2), fstatfs(2) のそれぞれの返すエラーに加えて fhopen(),
     fhstat(), fhstatfs() は次のエラーを返します。

     [EINVAL]           fhopen() が O_CREAT をセットされて呼び出されました。

     [ESTALE]           ファイルハンドル fhp はもう有効ではありません。


関連項目

     fstat(2), fstatfs(2), getfh(2), open(2)


歴史

     関数 fhopen(), fhstat(), fhstatfs() は NetBSD 1.5 で最初に登場しまし
     た。Alfred Perlstein が FreeBSD 4.0 に移植しました。

ABELNET VPSサービス