aio_return(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

aio_return

前のページ 上に戻る 次のページ

aio_return




書式

     #include <aio.h>

     int
     aio_return(struct aiocb *iocb);


解説

     aio_return() 関数は iocb が指す構造体に対応する非同期入出力要求の最終ステ
     ータスを返します。

     aio_error(2) が EINPROGRESS 以外の何かを返した時の非同期入出力操作の最終
     ステータスを得るためには aio_return() を 1 回だけしか呼び出してはいけませ
     ん。


戻り値

     非同期入出力要求が完了すると read(2), write(2), または fsync(2) で説明し
     たようなステータスが返されます。処理を失敗した場合に aio_return() は -1
     を返し、エラー状態を指すように errno を設定します。


関連項目

     aio_cancel(2), aio_error(2), aio_read(2), aio_suspend(2), aio_write(2),
     fsync(2), read(2), write(2)


エラー

     aio_return() は次の場合に失敗します。

     [EINVAL]           iocb が未解決の非同期入出力要求を参照しません。


規格

     aio_return() は IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') に準拠しています。


歴史

     aio_return 関数は FreeBSD 3.0 ではじめて登場しました。


作者

     このマニュアルページは Wes Peters <wes@softweyr.com> が作成しました。

FreeBSD 4.4                      June 2, 1999                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス