aio_cancel(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

aio_cancel

前のページ 上に戻る 次のページ

aio_cancel




書式

     #include <aio.h>

     int
     aio_cancel(int fildes, struct aiocb * iocb);


解説

     aio_cancel() 関数は fildes で指定されるファイル記述子の未解決の非同期入出
     力をキャンセルします。 iocb が指定された場合、指定された非同期入出力要求
     だけをキャンセルします。

     通常の非同期通知がキャンセルされた要求に対して発生します。要求は
     ECANCELED のエラー結果となって完了します。


制限

     aio_cancel() 関数は raw ディスクデバイスに対する非同期入出力をキャンセル
     しません。 aio_cancel() は、raw ディスクデバイスに関連づけられたファイル
     記述子に対しては常に AIO_NOTCANCELED を返します。


戻り値

     aio_cancel() は -1 を返してエラーまたは次のうちの一つを示します。

     [AIO_CANCELED]
                   指定された条件のすべての未解決要求はキャンセルされました。

     [AIO_NOTCANCELED]
                   いくつかの要求はキャンセルされず、その要求の状態は
                   aio_error(2) でチェックすべきです。

     [AIO_ALLDONE]
                   条件に合致するすべての要求は完了しています。


関連項目

     aio_error(2), aio_read(2), aio_return(2), aio_suspend(2), aio_write(2)


エラー

     aio_cancel() から返されるエラーは、次のことを示します:

     [EBADF]            fildes が有効なファイル記述子ではありません。


STANDARDS

     aio_cancel() は IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') に準拠しています。


歴史

     aio_cancel() 関数は FreeBSD 3.0 ではじめて登場しました。機能する
     aio_cancel() の実装は FreeBSD 4.0 ではじめて登場しました。


作者

     このマニュアルは始めに Wes Peters <wes@softweyr.com> が作成しました。
     aio_cancel() が FreeBSD 4.0 に実装された時に
     Christopher M Sedore <cmsedore@maxwell.syr.edu> が更新しました。

ABELNET VPSサービス