acct(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

acct

前のページ 上に戻る 次のページ

acct




書式

     #include <unistd.h>

     int
     acct(const char *file);


解説

     acct() 呼び出しは、システムアカウンティングレコードの収集を有効または無効
     にします。引数 file がヌルポインタである場合、アカウンティングは無効にさ
     れます。 file が 既存のパス名 (ヌル文字で終わる) の場合、レコード収集が有
     効になり、開始されて通常の状態で終了した各プロセスについてのアカウンティ
     ングレコードが file に追加されます。異常な終了状態とは、再起動またはその
     他の致命的なシステムの問題です。決して終了しないプロセス用のレコードは
     acct() によっては作成できません。

     acct() が使用するレコード構造体の詳細については、 /usr/include/sys/acct.h
     および acct(5) を参照してください。

     この呼び出しはスーパユーザにだけ許可されてます。


     アカウンティングファイルが存在しているファイルシステムの空き容量が少なく
     なると、アカウンティングは自動的に無効になります。空き容量が増えて再び利
     用できるようになると有効になります。


戻り値

     エラーの場合は -1 が返されます。ファイルは存在している必要があり、呼び出
     しはスーパユーザだけができます。


エラー

     acct() は次の場合に処理を失敗します。

     [EPERM]            スーパユーザ以外のユーザによって呼び出されました。

     [ENOTDIR]          パスの構成要素中にディレクトリ以外のものが含まれていま
                        す。

     [ENAMETOOLONG]     パス名の構成要素が 255 文字を越えているか、またはパス
                        名全体が 1023 文字を越えています。

     [ENOENT]           指定されたファイルが存在しません。

     [EACCES]           パスの先頭構成要素について検索パーミッションが拒否され
                        ているか、またはパス名が通常のファイルではありません。

     [ELOOP]            パス名を変換するときに検出されたシンボリックリンクが多
                        すぎます。

     [EROFS]            指定されたファイルは読取り専用ファイルシステム上にあり
                        ます。


ABELNET VPSサービス