zmore(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

zmore

前のページ 上に戻る 次のページ

zmore



書式

       zmore [ name ...  ]


解説

       zmore は、圧縮を施したファイルもしくはプレーンテキストファ
       イルの閲覧に使用するフィルタです。 zmore   は、  compress,
       pack,  gzip によって圧縮されたファイルを閲覧することが出来
       ますが、非圧縮ファイルも閲覧することが出来ます。もし、ファ
       イルが見つからない時には zmore は同じ名前に .gz, .z, .Z が
       付いたファイルを探します。

       zmore は各々の画面の一番下に --More-- と表示をして停止しま
       す。 リターンキーを押すともう 1 行表示されます。スペースキ
       ーを押すと次の画面が表示されます。他の操作は後で説明 し ま
       す。

       zmore は端末の性質やデフォルトのウィンドウの大きさを決める
       ために /usr/share/misc/termcap を見ます。端末が 24 行表 示
       できる時には、デフォルトのウィンドウの大きさは 22 行となり
       ます。 zmore は、通常はページャとして more を用いますが 環
       境 変数 PAGER を指定することで less のような他のページャを
       使用することが出来ます。

       zmore が停止した時に使える他の文字とその効果は以下の通りで
       す。 (i は整数の引数である。デフォルトは 1 です):


       i<space>
              さらに i 行表示します。 (引数が与えられなければ次の
              画面を表示します)


       ^D     さらに 11 行表示します (``スクロールする'')。 i  が
              与えられていれば、スクロールする大きさは i になりま
              す。


       d      ^D (control-D) と同じです。


       iz     i が与えられた時に新しいウィンドウの大きさになる 以
              外 は、スペースキーを押すのと同じです。ウィンドウの
              大きさは現在のファイルが終了した時にデフォルトに 戻
              ります。


       is     i 行飛ばして画面に表示します。


       if     i 画面分飛ばして画面に表示します。


       =      現在の行番号を表示します。


       i/expr 入力した正規表現 expri 番目に現れるものを検索し
              ます。もし、それが見付からなかったら、 zmore は (あ
              るならば) 次のファイルに行きます。そうでなけれ ば、
              その正規表現が見付かった場所の前 2 行を先頭として、
              検索結果を表示します。ユーザが文字を消す事は正規 表
              現 の編集の時に用いられるかもしれません。最初のカラ
              ムの前の文字を消す事は検索コマンドをキャンセルす る
              事になります。


       in     最後に入力した正規表現の i 番目に現れるものを検索し
              ます。


       !command
              シェルをよびだし、command を実行します。コマンド に
              出て来る `!' は直前に行ったシェルのコマンドに置き換
              えられます。 "\!" の文字列が "!" に置き換えら れ ま
              す。


       :q or :Q
              現 在のファイルを読むのを終了します。もしあるならば
              次のファイルに行きます。 (q や Q と同じです)。


       .      (ドット) 直前のコマンドを繰り返します。

       コマンドはすぐに効果が現れます。つまり、リターンキーを押す
       必要がありません。コマンド文字列を与えるまでに、ユーザは行
       消去文字を入力し、数字の引数を消去するかも知れませ ん。 ま
       た、ユーザは消去文字を入力し、 --More-- メッセージを再表示
       するかもしれません。

       出力は端末画面に送られている時はいつでも、ユーザは終了キー
       を押す事ができます。(普通はcontrol-\) zmore は出力を止め、
       いつもの --More-- を表示します。ユーザはそこで通常の形式で
       上 記のコマンドの 1 つを入力します。終了信号が送られると端
       末画面の出力を待っていたキューの中の文字は消去される た め
       に、いくつかの出力はこれが行われると失われてしまいます。

       端末出力が連続して行われるように、端末はプログラムによって
       noecho モードにセットされます。あなたがタイプした /  と  !
       以外のコマンドは端末に表示されません。

       標 準出力がテレタイプで無い時は、 zmore はヘッダ各々のファ
       イルの前に印刷される以外は zcat のように働きます。


関連ファイル



ABELNET VPSサービス