yyfix(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

yyfix

前のページ 上に戻る 次のページ

yyfix




解説

     歴史的には、 yacc(1) が生成したファイル y.tab.c からテーブルを取り出すた
     めに、あるスクリプト (大抵は ``:yyfix'' という名前のもの) が用いられてき
     ました。現在のバージョンの yacc が生成するテーブル名は、これまでのバー
     ジョンの yacc が生成するものと異なるので、この変換を簡単にするためにシェ
     ルスクリプト yyfix が提供されています。

     yyfix の最初の (そして必須の) 引数は、取り出したテーブルを格納するファイ
     ルの名前です。

     コマンドライン引数が更に指定された場合、それらは取り出すテーブルのリスト
     と解釈されます。それ以外の場合、 yyfix はファイル y.tab.c が新旧いずれの
     yacc から生成されたものかを判定し、適切なテーブルを取り出そうとします。

     以前の yacc から取り出されるテーブルは次の通りです: ``yyexca'',
     ``yyact'', ``yypact'', ``yypgo'', ``yyr1'', ``yyr2'', ``yychk'',
     ``yydef''

     現バージョンの yacc から取り出されるテーブルは次の通りです: ``yylhs'',
     ``yylen'', ``yydefred'', ``yydgoto'', ``yysindex'', ``yyrindex'',
     ``yygindex'', ``yytable'', ``yyname'', ``yyrule'', ``yycheck''


関連ファイル

     y.tab.c  テーブルを取り出す元となるファイル


関連項目

     yacc(1)


歴史

     yyfix コマンドは 4.4BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                     March 23, 1993                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス