ypwhich(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ypwhich

前のページ 上に戻る 次のページ

ypwhich


     ypwhich -x


解説

     ypwhich はどの YP サーバが YP サービスをクライアントに提供しているか、ま
     たは、どれがマップのマスタなのかを、知らせます。引数なしで用いられると、
     ローカルマシンの YP サーバを返します。 host を指定した場合には、どの YP
     サーバを使っているのか、指定したマシンに問合せます。

     オプションには以下のものが有ります:

     -d domain
             デフォルトのドメインの代わりに domain を使用します。

     -t      ニックネームを対応するマップネームに展開するのを抑制します。

     -m [mname]
             指定したマップの YP サーバを探します。 -m オプションでは、 host
             は指定できません。 mname は、マップネームでもニックネームでもかま
             いません。もし mname が省略されていると、 ypwhich は、利用できる
             マップのリストを作成します。

     -x      マップのニックネームのテーブルを表示します。


関連項目

     domainname(1), ypcat(1), ypmatch(1), yp(4), ypbind(8), yppoll(8),
     ypset(8)


作者

     Theo De Raadt

FreeBSD 4.4                    February 23, 1994                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス