yacc(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

yacc

前のページ 上に戻る 次のページ

yacc


          filename


解説

     yacc は、 filename から文法仕様を読み取り、その仕様から LR(1) パーサを生
     成します。パーサは、C 言語で書かれた LALR(1) 解析テーブルとドライバルーチ
     ンのセットから構成されています。 yacc は通常、 y.tab.c というファイルに解
     析テーブルとドライバルーチンを書き込みます。

     以下のオプションが使えます:

     -b file_prefix
             出力ファイル名の先頭に加えるプレフィックス文字列を file_prefix に
             変更します。デフォルトのプレフィックスは y です。

     -d      ヘッダファイル y.tab.h を生成するよう指示します。

     -l      もし -l オプションが指定されていなければ、 yacc は生成コードに
             #line ディレクティブを挿入します。 #line ディレクティブは、生成さ
             れたコードの中のエラーとユーザのオリジナルコードとの関連づけを C
             コンパイラに行わせます。もし -l オプションが指定されていれば、
             yacc は #line ディレクティブを挿入しません。ユーザによって指定さ
             れた #line ディレクティブはそのまま残されます。

     -o output_filename
             yacc に対し、デフォルトファイルの y.tab.c の代りに
             output_filename に生成コードを出力させます。

     -p symbol_prefix
             yacc によって生成されたシンボルの先頭につけるプレフィックスを
             symbol_prefix で指定された文字列に変更します。デフォルトのプレ
             フィックスは、文字列 yy です。

     -r      yacc はコードとテーブルを別々のファイルに出力します。コードファイ
             ル名は y.code.c となり、テーブルファイル名は y.tab.c となります。

     -t      yacc によって生成されるプリプロセッサディレクティブを変更し、デ
             バッグ用の文をコンパイルされたコードの中に埋め込みます。

     -v      生成されたパーザの詳細を人間に読める形式で、ファイル y.output に
             出力します。

     もし環境変数 TMPDIR が設定されていれば、 TMPDIR に設定されている文字列は
     テンポラリファイルが作られるディレクトリ名として使用されます。


関連ファイル

     y.code.c
     y.tab.c
     y.tab.h
     y.output
     /tmp/yacc.aXXXXXXXXXX
     /tmp/yacc.tXXXXXXXXXX
     /tmp/yacc.uXXXXXXXXXX

ABELNET VPSサービス