whom(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

whom

前のページ 上に戻る 次のページ

whom



SYNOPSIS

       whom   [-alias aliasfile]   [-check]  [-nocheck]  [-draft]
            [-draftfolder +folder]            [-draftmessage msg]
            [-nodraftfolder] [file] [-help]


DESCRIPTION

       whom  はメッセージのヘッダーを、アドレスの集合へと展開する
       ために使われます。また、`-check' オプションが与え ら れ る
       と、それらのアドレスが配送可能かどうかを調べます。

       `-draftfolder +folder' と `-draftmessage msg' オプションは
       MH のドラフト・フォルダ機能を呼び出します。これは進んだ(そ
       し て 極 め て 有用な)仕様です。詳しくは mh-profile (5) の
       Draft-Folder 部分などを参照して下さい。

       プロファイルの "Aliasfile:" エントリで指定されたファイルと
       `-alias  aliasfile'   オプションで指定された全てのエイリア
       ス・ファイル (それぞれ `-alias' を頭につけて、複数のファイ
       ル を指定できる)が読まれます。詳細は mh-alias (5) を参照し
       て下さい。


FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める
       Draft-Folder:        デフォルトのドラフト・フォルダを示す
       Aliasfile:           デフォルトのエイリアス・ファイル
       postproc:            メッセージを送信するプログラム


SEE ALSO

       mh-alias(5), post(8)


DEFAULTS

       `file' デフォルトは <mh-dir>/draft
       `-nocheck'
       `-alias /usr/local/lib/mh/MailAliases'


CONTEXT

       無し。


BUGS

       `-check' オプションをつけた時、whom で ok と表示されるアド
       レ スが本当に配送可能であるという保証はありません。ok と表
       示されるアドレスの意味は whom が実行された時点で、そのアド
       レスがメール転送サービスにとって、配送可能だと思われたとい
       う意味です。ローカルのアドレスについては絶対的ですが、ネッ
       トワーク・アドレスでは、送り先ホストが分かるという意味であ
       り、UUCP アドレスでは、(しばしば) UUCP ネットワークが使 用
       可能であるという意味です。



ABELNET VPSサービス