whois(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

whois

前のページ 上に戻る 次のページ

whois


     whois [-adgimpQrR6] [-h host] name ...


解説

     whois はネットワークインフォメーションセンタ (NIC) のデータベースのレコー
     ド検索を行ないます。

     オプションとしては以下のものがあります。

     -a      American Registry for Internet Numbers (ARIN) データベースを使用
             します。ここには、 APNIC および RIPE 以外がカバーする全世界の IP
             番号があります。連絡先 (ハンドル) 情報は、NIC ハンドルの後に
             "-ARIN" を付けて検索します:

                   $ whois -a foo3-ARIN

     -d      US Department of Defense データベースを使用します。 .MIL のサブド
             メインの連絡先があります。

     -g      US の軍以外の連邦政府データベースを使用します。 .GOV のサブドメイ
             ンの連絡先があります。

     -h host
             デフォルトのバリアントに代えて、指定したホスト用います。ホスト名
             もしくは IP 番号を指定可能です。

             デフォルトでは、提供された (単一の) 引数のトップレベルドメイン
             (TLD) に ".whois-servers.net" を追加することにより、 whois が使用
             する whois サーバ名を構築します。この効果的な方法により、多くの
             TLD が適切な whois サーバを自動選択できます。

             IP アドレスが指定された場合、whois サーバはデフォルトの American
             Registry for Internet Numbers (ARIN) になります。 ARIN への問い合
             わせが APNIC または RIPE を参照する場合、 -Q オプションが指定され
             ていなければ、そのサーバに対しても問い合わせを行います。

             問い合わせがドメイン名でも IP アドレスでもない場合、見付からない
             場合には、 whoiswhois.crsnic.net を使用します。

     -i      Network Solutions Registry for Internet Numbers
             (whois.networksolutions.com) データベースを使用します。ここにはほ
             とんどの .COM, .NET, .ORG, .EDU ドメインのネットワーク番号とドメ
             インの連絡先情報があります。 B>注B>意! 現在これらのドメインの登録は、
             多くの独立した競合する登録会社が行っています。本データベースに
             は、Network Solutions, Inc. 以外の登録会社が登録したドメインの情
             報はまったく含まれません。また、 InterNIC データベース
             (whois.internic.net) は既に Network Solutions, Inc. の取り扱いで
             ないことに注意してください。詳細は http://www.internic.net/ を参
             照してください。

             連絡先 (ハンドル) 情報は、NIC ハンドルの前に "handle " を付けて検
             索します:

     -r      R'eseaux IP Europ'eens (RIPE) データベースを使用します。ここに
             は、ヨーロッパのネットワーク番号とドメインの連絡先情報がありま
             す。

     -R      Russia Network Information Center (RIPN) データベースを使用しま
             す。ここには、 .RU のネットワーク番号とドメインの連絡先情報があり
             ます。 IPv6 Resource Center (6bone) データベースを使用します。こ
             こには、IPv6 のネットワーク名とアドレスがあります。

     whois コマンドに指定されたオペランドは空白をはさんで結合され、指定された
     whois サーバに渡されます。

     特に name で指定されなければ、デフォルトではデータベース中のすべてのレコ
     ードのほとんどのフィールド (名前、通称 (nicknames)、ホスト名、ネットアド
     レス、その他) について name に一致するものを探すという、広範囲な検索を実
     行します。 name オペランドの持つ特別な意味や検索の進め方に関してさらに情
     報を得るには、特別な名前 ``help'' を name に指定して下さい。


関連項目

     Ken Harrenstien and Vic White, NICNAME/WHOIS, 1 March 1982, RFC 812.


歴史

     whois コマンドは 4.3BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                    November 17, 1999                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス