whereis(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

whereis

前のページ 上に戻る 次のページ

whereis




解説

     whereis は標準のバイナリディレクトリやマニュアルページそして、特定のプロ
     グラムのソースファイルディレクトリを検索し、指定されたプログラムのパスが
     見つかれば表示します。与えられた名前は、はじめにパス名部分が取り除かれ、
     gzip(1) または compress(1) による拡張子をひとつ削除し、ソースコード制御シ
     ステムのためのファイル名のはじめの `s.' や最後の `,v' を外し、パス名にさ
     れます。

     検索されるディレクトリは sysctl(8) に文字列 ``user.cs_path'' を与えた時に
     返される文字列と /usr/libexec および現在のユーザの $PATH です。マニュアル
     は、デフォルトでは $MANPATH にしたがって検索されます。プログラムソース
     は、 /usr/src/usr/ports の全てのサブディレクトリを含む、標準の場所の
     リストにあるものとされます。

     以下のようなオプションが利用可能です。

     -B      バイナリを検索するためのディレクトリを指定します。 -f オプション
             が必要です。

     -M      マニュアルページを検索するためのディレクトリを指定します。 -f オ
             プションが必要です。

     -S      プログラムソースを検索するためのディレクトリを指定します。 -f オ
             プションが必要です。

     -b      バイナリを検索します。

     -f      -B, -M, -S オプションが指定された後で、ディレクトリのリストの境界
             を設定し、 name リストのはじめを指定します。

     -m      マニュアルページを検索します。

     -s      ソースディレクトリを検索します。

     -u      ``unusual'' エントリを検索します。ファイルは、要求されたそれぞれ
             のタイプのエントリがない場合に普通でない (unusual) といわれます。


実行例

     以下では、 /usr/bin 以下のドキュメントがない全てのユーティリティを見つけ
     ます。
           whereis -m -u /usr/bin/*


関連項目

     find, locate(1), man(1), which(1), sysctl(8)


バグ

     ソースの検索は、ソースディレクトリのリストの各要素の第一レベルのサブディ
     レクトリを検索するクイック検索で実装されています。これが成功しない場合、
     locate(1) ユーティリティがサブディレクトリのより深いところまで検索するた
     めに呼び出されます。これは、時間がかかりますし、ロケートデーターベースが
     更新されている時にだけ成功します。

ABELNET VPSサービス