whatnow(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

whatnow

前のページ 上に戻る 次のページ

whatnow



SYNOPSIS

       whatnow     [-draftfolder +folder]     [-draftmessage msg]
            [-nodraftfolder]      [-editor editor]      [-noedit]
            [-prompt string] [file] [-help]


DESCRIPTION

       whatnow はユーザーに、編集されたドラフトをどうするかを質問
       す る、 デ フォ ル ト の プ ロ グ ラ ム で  す。  通  常、
       compdistforw、または repl から最初の編集が終った後に呼
       び出されます。

       プログラムが開始すると、ドラフトに対して、エディタを起動し
       ます (`-noedit' が指定されない場合。指定された場合は、最初
       の編集は抑制されます)。そして、whatnow はユーザーに繰り 返
       し  "What now?" プロンプトを出し、返答を待ちます。返答とし
       て指定できるものは次の通りです。

     display         再配布/返信等される元メッセージを端末に表示する。
     edit            先ほど使ったのと同じエディタで再編集をする。
                     但し、profile エントリ "<lasteditor>-next: <editor>" で
                     エディタ名が指定されている場合を除く。
     edit <editor>   さらなる編集のため <editor> を呼び出す。
     list            ドラフトを端末に表示する。
     push            メッセージをバックグラウンドで配送する。
     quit            ドラフトを保存して終了する。
     quit -delete    ドラフトを削除して終了する。
     refile +folder  ドラフトを指定のフォルダに移動する。
     send            メッセージを配送する。
     send -watch     配送プロセスをモニターしながら配送する。
     whom            メッセージが配送されるアドレスを表示する。
     whom -check     アドレスを表示し、それらが配送システムにとって
                     受け入れ可能であるかどうかを調べる。

     edit という指定に対しては、エディタに対して使える全てのオ プ
     ショ ン が使えます。同様に、 sendwhom という指定に対して
     も、 send (1) 及び whom (1) コマンドに対して使える全てのオプ
     ショ ン が そ れ ぞ れ使えます。 push という指定に対しては、
     send (1) に対して使える全てのオプションが使えます (これは 単
     に send を `-push' オプション付きで呼び出すだけだからです)。
     refile という指定に対しては、 fileproc に対して使える全て の
     オ プ ショ ンが使えます。 displaylist という指定に対して
     は、 lproc に対して使える全ての正しい引数が使えます。もし オ
     プ ショ ン で な い 引 数 が指定された場合、ドラフトのパス名
     は、lproc への引数リストからは省かれます (これは他の MH メッ
     セージを表示させる際に有用です)。

     な お、エディタは sed (1) 等、編集結果を元ファイルに返さない
     プログラムを指定する事は出来ません。逆に言えば、編集結果を元
     ファイルに返すプログラムなら、対話的なものでなくてもエディタ
     として指定できます。 MH でエディタがどのように使われるかにつ
     いては mh-profile (5) も参照して下さい。そこでは、複雑な環境
     変数で whatnow の動作にどういう指示が出来るかに付いても述 べ


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める
       Draft-Folder:        デフォルトのドラフト・フォルダを示す
       Editor:              デフォルトのエディタを置き換える
       <lasteditor>-next:   <lasteditor> が終了した後で使うエディタを指定する
       automhnproc:         配送の前に自動的に起動されるプログラム
                            ドラフトが mhn 作成ファイルの場合
       fileproc:            メッセージを refile するプログラム
       lproc:               メッセージの内容を表示するプログラム
       sendproc:            メッセージを配送するプログラム
       whomproc:            メッセージが誰に送られるかを決めるプログラム


SEE ALSO

       send(1), whom(1)


DEFAULTS

       `-prompt "What Now? "'


CONTEXT

       無し。


BUGS

       `-prompt'   に対する引数は、whatnow を呼び出すシェルにとっ
       て、一語として解釈される形でなければなりません。従って、通
       常、このオプションに対する引数はダブル・クォートで囲まれな
       ければなりません。

       もし、最初の編集が失敗したら、whatnow はドラフトを(頭に コ
       ン マなどをつけたファイル名に変える事によって)削除します。
       後の編集で失敗した場合は、ドラフトは保存されます。

       もし whatnowprocwhatnow の場合、 compdistforw、 そ
       し て  repl  は実際に whatnow プログラムを走らせる事はせず
       に、内蔵の whatnow ルーチンを使います。従って、もし自分 で
       独自の whatnowproc を設定する場合に、それに whatnow という
       名前をつけてはなりません。そのプログラムは起動されないから
       です。

       も し sendprocsend の場合、 whatnow は実際に send を走
       らせる事はせずに、内蔵の send ルーチンを使います。従って、
       もし自分で独自の sendproc を設定する場合に、それに send と
       いう名前をつけてはなりません。 whatnow はそれを起動しな い
       からです。



[mh.6]                        MH.6.8                   WHATNOW(1)

ABELNET VPSサービス