vis(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

vis

前のページ 上に戻る 次のページ

vis




解説

     vis は表示不可能なキャラクタをビジュアルに表現に変換するフィルタです。
     `cat -v' と異なり、変換した出力はユニークで、逆変換可能です。デフォルトで
     は、空白文字、タブ、および改行 (ニューライン) を除く表示不可能な全キャラ
     クタがエンコードされます。エンコードのフォーマットの詳細は、 vis(3) で与
     えられます。

     オプションとしては以下のものがあります。

     -b      デフォルトのエンコードは、バックスラッシュと上矢印(キャレット) と
             メタキャラクタの組み合わせですが、これにバックスラッシュを入れな
             いようにします。この出力は正確ではなく、逆変換もできませんが、入
             力に対して最も変更が少ない表現です。出力は、 ``cat -v'' によく似
             たものとなります。

     -c      一部の表示不可能なキャラクタに、C 言語のバックスラッシュシーケン
             スを使って表示します。

     -F foldwidth
             fold(1) 同様、1 行の表示幅を foldwidth に収めます(デフォルトは 80
             桁)。ただし fold(1) と異なり、特別な見えない改行シーケンスを用い
             ます。この改行は unvis(1) で元のファイルに戻す際に取り除かれま
             す。もしファイルの最後の文字が改行で終ってない場合には、出力に見
             えない改行シーケンスを付加します。不完全な行があるとうまく動作し
             ない数々のエディタやユーティリティでも正しく扱える形式の出力が得
             られます。

     -f      -F と同じです。

     -l      改行位置が見えるように、改行の前に `\$' を挿入します。

     -n      バックスラッシュの二重化と -f もしくは -F 指定時に挿入される見え
             ない改行シーケンス以外はエンコードしないようにします。 -f フラグ
             と組み合わせたときの動作は、逆変換可能な fold(1) ユーティリティと
             考えることができます。つまり、出力を unvis(1) にかけることで fold
             状態を元に戻すことができます。

     -o      表示不可能なキャラクタ \ddd というように、バックスラッシュと8進数
             表現で表示します。

     -s      端末に送るのが適切ではないキャラクタだけをエンコードします。デ
             フォルトの空白文字やタブ、改行に加え、バックスペースやベル、復帰
             (carriage return) もそのまま出力されます。

     -t      タブをエンコード対象にします。

     -w      空白、タブ、改行もエンコード対象にします。


関連項目

     unvis(1), vis(3)


ABELNET VPSサービス