vidcontrol(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

vidcontrol

前のページ 上に戻る 次のページ

vidcontrol


                [-g geometry] [-h size] [-i adapter | mode] [-l screen_map]
                [-M char] [-m on | off] [-r foreground background] [-s number]
                [-t N | off] [mode] [foreground [background]] [show]


解説

     vidcontrol コマンドを用いて syscons(4) コンソールドライバの様々なオプショ
     ン、例えば、画面モード、色、カーソル形状、画面出力マップ、フォント、スク
     リーンセーバタイムアウトを設定できます。

     以下のコマンドラインオプションをサポートしています:

     mode    新しいビデオモードを選択します。現在サポートしているモードは次の
             通りです: 80x25, 80x30, 80x43, 80x50, 80x60, 132x25, 132x30,
             132x43, 132x50, 132x60, VGA_40x25, VGA_80x25, VGA_80x50,
             VGA_90x25, VGA_90x30, VGA_90x43, VGA_90x50, VGA_90x60, EGA_80x25,
             EGA_80x43, VESA_132x25, VESA_132x43, VESA_132x50, VESA_132x60 。
             ラスタテキストモード VGA_800x600 も選択できます。後述の ビデオモ
             ードサポートを参照してください。

     foreground [background]
             テキストを表示する際の色を変更します。前景色 (例: ``vidcontrol
             white'') 、あるいは前景色および背景色 (例: ``vidcontrol yellow
             blue'') を指定することにより変更できます。後述の show コマンドを
             使用して、使用可能な色を見られます。

     show    指定したプラットフォームでサポートされている色を表示します。

     -b color
             ボーダ色を color に設定します。本オプションをビデオドライバが常に
             サポートしているのではないかもしれません。

     -C      ヒストリバッファをクリアします。

     -c normal | blink | destructive
             カーソルの外観を変更します。カーソルは、反転ブロック (normal) あ
             るいは古いハードウェアカーソル様のもの (destructive) のいずれかで
             す。前者は、オプションで blink にできます。後者は実際にはシミュレ
             ートしています。

     -d      現在の画面出力マップを表示します。

     -f [size] file
             サイズ size 用のフォントをファイル file から読み込みます。 (現在
             のところ size には 8x8, 8x14, 8x16 のみが指定できます)。フォント
             ファイルは uuencode された形式でも生のバイナリフォーマットでも構
             いません。メニューによる vidfont(1) コマンドを使用して、好きな
             フォントをロード可能です。

             size は省略可能です。この場合、 vidcontrol はフォントファイルの大
             きさから、推測します。

             MDA や CGA のような古いビデオカードはソフトウェアフォントをサポー

     -i mode
             現在のビデオハードウェアにて使用可能なビデオモードを表示します。

     -l screen_map
             画面出力マップをファイル screen_map から読み込んで設定します。
             syscons(4) も参照してください。

     -L      出力画面マップをデフォルトに設定します。

     -M char
             マウスポインタを描く基本となる文字を char にします。

     -m on | off
             マウスポインタを on または off します。テキストモードでのカット &
             ペースト機能を利用するために moused(8) デーモンと共に使用します。

     -p      標準入力として参照される端末デバイスに対応する、ビデオバッファの
             現在の内容をキャプチャします。 vidcontrol は、ビデオバッファの内
             容を標準出力に対し、生のバイナリフォーマットで出力します。この
             フォーマットに関する詳細は、後述の ビデオバッファダンプのフォー
             マットを参照してください。

     -P      -p と同じですが、ビデオバッファの内容をプレインテキストでダンプ
             し、印字不可の文字とテキスト属性情報を無視します。

     -r foreground background
             反転表示モードで用いる色を前景色 foreground および背景色
             background に変更します。

     -s number
             現在の vty を number に設定します。

     -t N | off
             スクリーンセーバのタイムアウト値を N 秒に設定、あるいはスクリーン
             セーバを無効 ( off )にします。

     -x      出力に 16 進数を用います。

   B>ビB>デB>オB>モB>ーB>ドB>サB>ポB>ーB>ト
     前記の全モードをビデオカードがサポートしているとは限らないことに注意して
     ください。 -i mode オプションを使用することにより、ビデオカードがサポート
     しているモードを調べることが可能です。

     VESA ビデオモードもしくは 132 桁モードを使用する場合には、 VESA BIOS サポ
     ートをカーネルにリンクするか KLD にてロードする必要があることにも注意して
     ください ( vga(4) を参照してください)。

     VGA 90 桁モードを使用する場合には、カーネルを VGA_WIDTH90 オプション付き
     でコンパイルする必要があります ( vga(4) を参照してください。

     25 または 30 行モード以外のビデオモードは、特定の大きさのフォントが必要と

     /etc/rc.conf または /etc/rc.conf.local 中の変数を希望のフォントファイルに
     設定できます。これにより、システム起動時にこれらのフォントが自動的にロー
     ドされます。後述を参照してください。

     ラスタテキストモード VESA_800x600 を使用したい場合、 SC_PIXEL_MODE オプ
     ション付きでカーネルを再コンパイルする必要があります。このカーネルオプ
     ションについての詳細は、 syscons(4) を参照してください。

   B>ビB>デB>オB>バB>ッB>フB>ァI</I>ダB>ンB>プB>のB>フB>ォB>ーB>マB>ッB>ト
     vidcontrol ユーティリティは、 syscons(4) CONS_SCRSHOT ioctl(2) を使用し、
     ビデオバッファの現在の内容をキャプチャします。 vidcontrol は、バージョン
     と追加情報を標準出力に書き出し、その後に端末デバイスの内容を続けて書き出
     します。

     PC ビデオメモリは、典型的には 2 バイトタプルの並びであり、 1 タプルが各文
     字位置に対応します。各タプルでは、最初のバイトが文字コードであり、 2 番目
     のバイトが文字の色属性です。

     色属性バイトは、更に、どの前景色が有効かを指定する下位ニブルと、どの背景
     色が有効かを指定する上位ニブルとに分解されます。

           0       黒
           1       青
           2       緑
           3       シアン
           4       赤
           5       マゼンタ
           6       茶
           7       白
           8       灰
           9       明い青
           10      明い緑
           11      明いシアン
           12      明い赤
           13      明いマゼンタ
           14      黄
           15      白

     最後の 8 色は、最初の 8 色を明るく見えるようにしたものです。

     例えば、2 バイト

           65 158

     は、大文字 A (文字コード 65) を、明い青の背景 (高位ニブル 9) に黄色 (下位
     ニブル 15) という指定です。

     vidcontrol の出力には小さなヘッダがあり、そこには、出力を処理するユーティ
     リティに有用な追加情報が含まれます。

     最初の 10 バイトは、常に次の並びです。

           53 43 52 53 48 4f 54 5f 01 02 50 19
           ----------------------- -- -- -- --
                     |              |  |  |  ` 10 進数の 25
                     |              |  |  `--- 10 進数の 80
                     |              |  `------ 残りのヘッダデータのバイト数 2
                     |              `--------- ファイルフォーマットバージョン 1
                     `------------------------ リテラル "SCRSHOT_"


ビデオ出力設定

   B>ブB>ーB>トB>時B>のB>設B>定
     次の変数を /etc/rc.conf または /etc/rc.conf.local に設定することにより、
     ブート時にビデオ出力を設定可能です。

     blanktime    -t オプション用のタイムアウトを設定します。
     font8x16, font8x14, font8x8
                  -f オプション用のフォントファイルを指定します。
     scrnmap      -l オプション用の画面出力マップファイルを指定します。

     更なる詳細は rc.conf(5) を参照してください。

   B>ドB>ラB>イB>バB>のB>設B>定
     デフォルトフォントなどのデフォルト設定オプションの変更を、ビデオカードド
     ライバが許す場合があります。その場合、ブート時のオプション設定の必要はな
     くなります。詳細はビデオカードドライバマニュアル (例えば vga(4)) を参照し
     てください。


関連ファイル

     /usr/share/syscons/fonts/*           フォントファイル。
     /usr/share/syscons/scrnmaps/*        画面出力マップファイル。


使用例

     カーネルに /usr/share/syscons/fonts/iso-8x16.fnt をロードしたい場合、
     vidcontrol を次のように実行します。

           vidcontrol -f 8x16 /usr/share/syscons/fonts/iso-8x16.fnt

     フォントファイルが /usr/share/syscons/fonts にある場合、ファイル名を
     iso-8x16 のように短縮可能です。

           vidcontrol -f 8x16 iso-8x16

     更に、フォントの大きさ ``8x16'' を省略可能です。

           vidcontrol -f iso-8x16

     同様に、画面出力マップファイルが /usr/share/syscons/scrnmaps にある場合、
     -l オプション用のファイル名を短縮可能です。

           vidcontrol -l iso-8859-1_to_cp437

     このコマンドは /usr/share/syscons/scrnmaps/iso-8859-1_to_cp437.scm をロー

           vidcontrol -P < /dev/ttyv3


関連項目

     kbdcontrol(1), vidfont(1), keyboard(4), screen(4), syscons(4), vga(4),
     rc.conf(5), kldload(8), moused(8), watch(8)

     様々な scr2* ユーティリティが、 Ports Collection の graphics と textproc
     のカテゴリにあります。


作者

     Soren Schmidt <sos@FreeBSD.org>

FreeBSD 4.4                      May 27, 2001                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス