uustat(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

uustat

前のページ 上に戻る 次のページ

uustat



書式

       uustat -a

       uustat --all

       uustat [ -eKRiMNQ ] [ -sS system ] [ -uU user ] [ -cC com-
       mand ] [ -oy hours ] [ -B  lines  ]  [  --executions  ]  [
       --kill-all  ] [ --rejuvenate-all ] [ --prompt ] [ --mail ]
       [ --notify ] [ --no-list ] [ --system system  ]  [  --not-
       system  system  ]  [  --user  user ] [ --not-user user ] [
       --command command ] [ --not-command command ]  [  --older-
       than hours ] [ --younger-than hours ] [ --mail-lines lines
       ]

       uustat [ -kr jobid ] [ --kill jobid ] [ --rejuvenate jobid
       ]

       uustat -q [ -sS system ] [ -oy hours ] [ --system system ]
       [  --not-system  system  ]  [  --older-than  hours   ]   [
       --younger-than hours ]

       uustat --list [ -sS system ] [ -oy hours ] [ --system sys-
       tem ] [ --not-system system ] [  --older-than  hours  ]  [
       --younger-than hours ]

       uustat -m

       uustat --status

       uustat -p

       uustat --ps


解説

       uustat コマンドは、UUCP システムに関するいろんな情報を表示
       します。また、本コマンドを用いることで、 uucp (1)  や  uux
       (1) で作成されたジョブを取り消したり、ジョブのタイムスタン
       プの若返りを行なったりすることが出来ます。

       デフォルトでは、 uustat は、コマンドを起動したユーザが要求
       したジョブをすべて表示します。これは、 --user オプションで
       自分を指定した場合の動作と同じです。

       -a, --all, -e, --executions, -s, --system, -S,  --not-sys-
       tem, -u, --user, -U, --not-user, -c, --command, -C, --not-
       command, -o, --older-than, -y, --younger-than のいずれかの
       オプションが指定されると、指定条件の組み合わせに合致するす
       べてのジョブを表示します。

       -K または --kill-all オプションは、要求してから 7 日間経過
       した全てのジョブのような、選択したグループのジョブを削除出
       来ます。
            uux (1) を起動することで作成されます。

       -s system, --system system
            指定したシステムに対するジョブをすべて表示します。 本
            オプションは、 1 回のコマンド起動時に複数指定すること
            が可能です。この場合、指定したシステムに対応する ジョ
            ブ が全て表示されます。 --list オプションと共に指定し
            たときは、指定したシステムのジョブだけが表示 さ れ ま
            す。

       -S system, --not-system system
            指 定したシステム向け以外のジョブをすべて表示します。
            本オプションは、 1 回のコマンド起動時に複数指定するこ
            と が可能です。この場合、指定しなかったシステムのジョ
            ブが全て表示されます。 --list オプションと共に指定 し
            た ときは、指定しなかったシステムのジョブだけが表示さ
            れます。なお、本オプションは、 -s--system とは 同
            時に指定してはいけません。

       -u user, --user user
            指 定したユーザのジョブをすべて表示します。本オプショ
            ンは、 1 回のコマンド起動時に複数指定することが可能で
            す。 この場合、指定したユーザのジョブが全て表示されま
            す。

       -U user, --not-user user
            指定したユーザのジョブを除くジョブをすべて表 示 し ま
            す。本オプションは、 1 回のコマンド起動時に複数指定す
            ることが可能です。この場合、指定しなかったユ ー ザ の
            ジョ ブ が全て表示されます。なお、本オプションは、 -u--user とは同時に指定してはいけません。

       -c command, --command command
            指定したコマンドの実行を要求するジョブをすべて表示 し
            ま す。 commandALL と指定した場合、すべての (単な
            る uucp ファイル転送ではない) コマンドの実行を要求 す
            るジョブを表示します。本オプションは、1回のコマンド起
            動時に複数指定することが可能です。この場合、指定し た
            コマンドの実行を要求するジョブが全て表示されます。

       -C command, --not-command command
            指 定したコマンド以外の実行を要求するジョブをすべて表
            示します。 commandALL と指定した場合、単なる uucp
            ファ イ ル 転送要求がすべて表示されます。本オプション
            は、1 回のコマンド起動時に複数指定することが 可 能 で
            す。 この場合、指定したコマンドの実行を要求しないジョ
            ブが全て表示されます。なお、本オプションは、  -c--command と同時に指定してはいけません。

       -o hours, --older-than hours
            キュ ーイングされてから指定した時間 (単位: 時間) 以上
            超過したジョブを全て表示します。 --list オプション と
            (1) にて -j--jobid オプションを付加して実行するこ
            とで、当該ジョブのジョブ id を取得することも 出 来 ま
            す。 ジョブの削除を行なうことが出来るのは、ジョブを要
            求したユーザ、UUCP システム管理者、もしくはスーパユー
            ザです。 -k--kill オプションは、1回のコマンド実行
            で複数回指定することが可能です。

       -r jobid, --rejuvenate jobid
            指定したジョブのジョブ時刻を、本コマンドを起動した 時
            刻 に 変 更します。このことにより、 -o, --older-than,
            -y, --younger-than の各オプションの出力結果に影響が出
            ま す。このオプションの使用により、クリーンアップデー
            モンにより削除されるのを免れることができます。ジョ ブ
            id   は、デフォルトの出力結果から取得可能です。また、
            uucp (1) や uux (1)にて -j--jobid オプションを 付
            加 して実行することで、当該ジョブのジョブ id を取得す
            ることも出来ます。本操作を行なうことが出来 る の は、
            ジョブを要求したユーザ、UUCP システム管理者、もしくは
            スーパユーザです。 -r--rejuvenate オプションは、1
            回のコマンド実行で複数回指定することが可能です。

       -q, --list
            要 求がキューイングされている全てのリモートシステムに
            対する要求のステータス、そして対話のステータスを表 示
            します。 -s, --system, -S, --not-system, -o, --older-
            than, -y, --younger-than の各オプションはシステムの表
            示 を制限するために用います。要求がキューイングされて
            いないシステムは表示されません。

       -m, --status
            すべてのリモートシステムとの対話のステータスを表示 し
            ます。

       -p, --ps
            UUCP ロックまたはポートを保持するすべての処理のステー
            タスを表示します。

       -i, --prompt
            各ジョブについて、削除するかどうかを問い合わせるよ う
            指示します。その問い合わせに対してユーザが y もしくは
            Y を先頭に含む文字列を入力した場合 (y もしくは Y だけ
            でも)、そのジョブは削除されます。

       -K, --kill-all
            各 ジョ ブ を自動的に削除します。本機能は、 --mail--notify オプションと組み合わせて使用することで、自動
            メ ンテナンスを行なうスクリプトを作成するのに役立ちま
            す。

       -R, --rejuvenate-all
            指定したジョブを自動的に若返らせます。本オプション は
            --kill-all と同時に指定できません。

       -N, --notify
            各 ジョブについて、要求を行なったユーザに対してメール
            を送ります。メールの内容については、 -M--mail  オ
            プションで説明したものと同一です。

       -W comment, --comment comment
            -M, --mail, -N, --notify の各オプションでメールを送る
            際に、そのメールに含めるコメントを指定します。

       -B lines, --mail-lines lines
            -M, --mail, -N, --notify のいずれかのオプションで、標
            準 入力を用いるコマンドを実行するジョブの結果をメール
            で送るように指定している場合、メールに含める標準入 力
            の行数を指定します。デフォルトは 100 行です。

       -Q, --no-list
            -i, --prompt, -K, --kill-all, -M, --mail, -N --notify
            オプションと同時に使用します。ジョブの表示を 行 な わ
            ず、指定した動作のみ行います。

       -x type, --debug type
            特 定 の デ バッ グ タ イプを指定します。タイプとして
            は、abnormal,  chat,  handshake,  uucp-proto,  proto,
            port,  config,  spooldir, execute, incoming, outgoing
            があり ま す が、  uustat   で は、abnormal,  config,
            spooldir  ,execute のみが意味を持ちます。本オプション
            では、コンマで区切ることで複数のデバッグタイプが指 定
            可能です。そして、 --debug オプションは、1 回のコマン
            ド起動で複数回指定可能です。また、タイプとして数字 を
            指定することも可能です。例えば、 --debug 2 という指定
            は、 --debug abnormal,chat と同じ意味です。

       -I file, --config file
            使用する設定ファイルの指定を行ないます。ただし、本 オ
            プ ションは、本コマンドのコンパイル条件によっては使用
            できないことがあります。

       -v, --version
            バージョン情報を表示します。実行は行ないません。

       --help
            ヘルプメッセージを表示します。実行は行ないません。


使用例

       uustat --all
       全てのジョブのステータスを表示します。出力例を以下に示しま
       す。
            bugsA027h bugs ian 04-01 13:50 Executing rmail ian@airs.com (sending 1283 bytes)
       フォーマットは、以下の通りです。
            jobid system user queue-date command (size)
       ジョブ id は、 --kill もしくは --rejuvenate オプションで主
       に使用します。 size は、リモートシステムにどれだけのデータ

       uustat --list
       全てのシステムについてキューイングされたコマンドのステータ
       スを表示します。以下に出力例を示します。
            bugs            4C (1 hour)   0X (0 secs) 04-01 14:45 Dial failed
       システム、キューイングされたコマンド数、もっとも古いコマン
       ドがキューイングされてからの時間、キューイングされたローカ
       ル実行数ともっとも古いコマンドがローカル実行キューイングさ
       れてからの時間、最後の対話の日時とステータスが表示されてい
       ます。

       uustat --status
       全てのリモートシステムについて対話のステータスを表示 し ま
       す。出力例を以下に示します。
            bugs           04-01 15:51 Conversation complete
       システム、最後の対話の日時とステータスが示されています。最
       後の対話が失敗した場合、 uustat はシステムを呼び出そうとし
       た回数を表示します。次のリトライ間隔までシステムを呼び出せ
       ないときには uustat は次にコールできる時刻を表示します。

       uustat --ps
       UUCP ロックしている全てのプロセスのステータスを表 示 し ま
       す。 uustat は単にロックしている各プロセス上で ps (1) を起
       動するだけなので、出力書式はシステムにより異なります。

            uustat --command rmail --older-than 168 --kill-all --no-list --mail --notify --comment "Queued for over 1 week"
       これは 1 週間 (168 時間) 以上配送待ちになっているキュー イ
       ン グされている全ての rmail コマンドの実行を取り止めます。
       各コマンドに対し、UUCP 管理者と rmail の実行を要求したユー
       ザ の 双 方にメールが送られます。メールには --comment オプ
       ションで指定した文字列が含まれています。 --no-list   オ プ
       ションはジョブの出力を端末に出力しません。このときプログラ
       ムから出力されるのはエラーメッセージだけです。


関連ファイル

       関連ファイル名は、コンパイル時の指定により変化します。以下
       に挙げるものは、一例です。

       /usr/lib/uucp/config - 初期化ファイル
       /usr/spool/uucp - UUCP スプールディレクトリ


関連項目

       ps(1), rmail(8), uucp(1), uux(1), uucico(8), uuxqt(8)


作者

       Ian Lance Taylor (ian@airs.com)



                         Taylor UUCP 1.06               uustat(1)

ABELNET VPSサービス