uucp(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

uucp

前のページ 上に戻る 次のページ

uucp



書式

       uucp [ options ] source-file destination-file

       uucp [ options ] source-file... destination-directory


解説

       uucp  コマンドはシステム間でのファイルのコピーを行います。
       各 file 引数は、ローカルマシンのパス名か、

              system!path

       の形式のリモートシステムのファイル名のどちらかになります。
       第一の書式では、最初のファイルの内容が二番目のファイルにコ
       ピーされます。第二の書式では、全てのソースファイルが 宛 先
       ディレクトリにコピーされます。

       system1  経由で system2 へ、あるいは、 system1 経由で sys-
       tem2 から転送されるファイルは、

              system1!system2!path

       という形で表す事ができます。

       -W あるいは --noexpand オプションがなければ、/ あるいは  ~
       で始まらないパス名はその前にカレントディレクトリのパス名が
       付けられます。このパスはリモートシステムに存在している必要
       はありません。~ のみで始まるパス名は UUCP パブリックディレ
       クトリと解釈され、~name で始まるパス名は name というユーザ
       のホームディレクトリと解釈されます。~ は、適切なシステムで
       解釈されます。ある種のシェルは、~ を uucp が解釈する前にロ
       ーカルのホームディレクトリと解釈してしまいます。これを避け
       るためには、~ をクォートしなければいけません。

       シェルのメタキャラクタの ? * [ ] は、ローカルのシェルが 解
       釈してしまわない様にクォートされていれば、適切なシステムで
       解釈されます。

       実際のコピーはすぐには実行されず、 uucico (8) デーモ ン の
       キューに蓄積されます。 -r あるいは --nouucico オプションが
       なければ、デーモンはすぐに実行されます。いずれの場合も、次
       にリモートシステムが呼び出された時にファイルがコピーされま
       す。


オプション

       以下のオプションが uucp で使用可能です。

       -c, --nocopy
            ローカルファイルをスプールディレクトリにコピーしま せ
            ん。 もし、 uucico (8) デーモンにより実際のコピーを行
            う前に、そのローカルファイルが消去されてし まっ た 場
            合、 コピーは失敗します。ファイルは uucico (8) デーモ
            ンと uucp を起動したユーザの両者から read 可能でな け

       -R, --recursive
            ソースファイルにひとつでもディレクトリが含まれてい た
            場 合、その中身を再帰的に宛先にコピーします。宛先は、
            ディレクトリでなければいけません。

       -g grade, --grade grade
            ファイル転送の優先度を指定します。高い優先度 を 持 つ
            ジョ ブが先に実行されます。優先度は、高い方から 0 ...
            9 A ... Z a ... z となっています。

       -m, --mail
            mail (1) を使用して、ファイル転送の完了あるいは失敗を
            通知します。

       -n user, --notify user
            mail (1) を使用して、リモートシステムの指定されたユー
            ザにファイル転送の完了あるいは失敗を通知します。

       -r, --nouucico
            uucico (8) デーモンを即時実行しません。後で処理される
            ように単にファイル転送をキューに貯めるだけです。

       -j, --jobid
            ジョ ブ の  id を標準出力に表示します。ジョブの id を
            uustat (1) コマンドの -k スイッチとともに指定する事に
            よ り、ジョブを取り消す事ができます。複雑な操作をした
            場合、複数のジョブ id がそれぞれ独立の行として表示 さ
            れる場合があります。例えば、
                 uucp sys1!~user1/file1 sys2!~user2/file2 ~user3
            を 実 行 するとシステム sys1 向けのジョブと、システム
            sys2 向けのジョブの二つのジョブが発生します。

       -W, --noexpand
            リモートの相対ファイル名の前にカレントディレクトリ を
            補完しません。

       -t, --uuto
            こ のオプションは uuto シェルスクリプトにより使用され
            ます。このオプションがあると、 uucp は、最後の引数 を
            system!user  と解釈します。ファイルはリモートシステム
            の ~/receive/USER/LOCAL に送られます。ここ で、  USER
            は最後の引数の user で、 LOCAL は、ローカルの UUCP シ
            ステム名です。更に、 uucp--notify user オプション
            が指定されたとみなして動作します。

       -x type, --debug type
            特 定 の デバッグタイプを指定します。タイプとしては、
            abnormal、chat、handshake、uucp-proto、proto、port、
            config、spooldir、execute、incoming、outgoing  があり
            ます。 uucp では、 abnormal、config、spooldir およ び
            execute だけが意味を持ちます。


       --help
            ヘルプを表示し、終了します。


関連ファイル

       関連ファイル名は、コンパイル時の指定ないしは初期設定ファイ
       ルにより変化します。以下に挙げるものは、その一例です。

       /etc/uucp/config - 初期設定ファイル
       /var/spool/uucp - UUCP スプールディレクトリ
       /var/spool/uucp/Log - UUCP ログファイル
       /var/spool/uucppublic - デフォルトの UUCP パブリックディレ
       クトリ


関連項目

       mail(1), uux(1), uustat(1), uucico(8)


バグ

       オプションのいくつかは、リモートシステムの uucico (8) デー
       モンによっては使用できません。

       -n  および -m オプションは、ファイルをリモートシステムから
       別のリモートシステムへ転送する場合は動作しません。

       実行ビットを除いて、ファイルのモードは保存されません。転送
       されたファイルの所有者は uucp ユーザになります。


作者

       Ian Lance Taylor <ian@airs.com>



                         Taylor UUCP 1.06                 uucp(1)

ABELNET VPSサービス