uniq(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

uniq

前のページ 上に戻る 次のページ

uniq


          [output_file]]


解説

     uniq ユーティリティは、標準入力を読み込み、隣り合う行同士を比較し、重複し
     た行を取り除いて標準出力へ書き込みます。隣り合った行が同じ内容だったら 2
     行目以降を出力しません。同じ内容でも行が隣り合っていない場合は比較の対象
     になりませんので、まずファイルをソートする事が必要になるかもしれません。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -c      各出力行の先頭に、行が入力中に続けて出現した回数を表示し、空白一
             つあけてその行の内容を表示します。

     -d      重複した行のみを出力します。

     -f fields
             比較する時に、各入力行の先頭から fields 個のフィールドを無視しま
             す。フィールドとは、空白文字で区切られた、空白以外の文字からなる
             文字列です。 fields を指定するときは、最初のフィールドを 1 として
             数えます。

     -s chars
             比較する時に、各入力行の先頭から chars 文字を無視します。本オプ
             ションを -f オプションと一緒に指定した場合は、 fields 個のフィー
             ルドに続く chars 文字が無視されます。 chars を指定するときは、最
             初の文字を 1 として数えます。

     -u      入力の重複がなかった行のみを出力します。

     -i      行の比較において大文字小文字を区別しません。

     コマンドラインにさらに引数が指定されると、その最初の引数を入力ファイルの
     名前として使用し、その次の引数を出力ファイルの名前として使用します。


診断

     ユーティリティ uniq は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了し
     ます。


互換性

     古くからある +number-number のオプションは時代遅れですが、この実装で
     はまだサポートしています。


関連項目

     sort(1)


規格

     uniq ユーティリティは、 IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 互換であるはずで
     す。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス