uncompress(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

uncompress

前のページ 上に戻る 次のページ

uncompress


     uncompress [-cfv] [file ...]
     zcat [file ...]


解説

     compress は adaptive Lempel-Ziv 法を用いて、ファイルを圧縮します。個々の
     圧縮された file は、元のファイル名に拡張子 ``.Z'' を付加したものにリネー
     ムされます。そして、ファイルの更新時刻、最終アクセス時刻、ファイルフラ
     グ、モード、ユーザID、グループID の大半は、パーミッションの許す範囲で圧縮
     ファイルに引き継がれます。もし圧縮しても file のサイズが小さくならない場
     合、compress はそのファイルを無視します。

     uncompress は、compress されたファイルを元通りのファイルにリストアし、
     ファイル名を拡張子 ``.Z'' を除いたものにリネームします。

     zcat は ``uncompress -c'' の別名です。

     compress, uncompress によってリネームされるファイルの名前がすでに存在し、
     標準入力が端末の場合は、上書きしてもよいか確認を求めるプロンプトが (標準
     エラー出力に) 出力されます。プロンプトが出せなかったり、確認の回答が得ら
     れなかった場合には、ファイルは上書きされません。

     ファイル名が指定されなかった場合、標準入力からのデータが圧縮もしくは展開
     され、結果が標準出力に出力されます。入力および出力ファイルが通常ファイル
     でない場合、圧縮後のサイズのチェックとファイルの上書きチェックは行なわれ
     ません。入力ファイルは削除されず、また入力ファイルの属性は引き継がれませ
     ん。

     オプションは以下のものがあります:

     -b      bits コードの上限値を指定します(以下を参照)。

     -c      compressed または uncompressed の出力を標準出力に出します。入力元
             のファイルは参照されるのみで変更されません。

     -f      ファイル長が小さくなるならないにかかわらず、ファイルの圧縮を強行
             します。また、圧縮ファイルと同名のファイルがすでに存在しても、確
             認を求めることなく強制的にファイルの上書きを行ないます。

     -v      圧縮後、ファイルサイズがどれだけ減ったかをパーセント表示します。

     compress は Lempel-Ziv修正アルゴリズムを使用します。ファイル内の重複する
     部分文字列は、まず、257 以上の 9ビットコードに置き換えられます。コードが
     512 に達すると、アルゴリズムは 10ビットコードへ切り替えられ、 -b フラグに
     よって指定された上限(デフォルトは16)に達するまで、更に上のビットを使って
     いきます。 Bits は、9 から 16 の範囲になければなりません。

     bits の上限に達すると、 compress は圧縮率を定期的にチェックします。圧縮率
     が上がっているとき、 compress は既存のコード辞書を使い続けますが、圧縮率
     が下がったときは compress は、部分文字列のテーブルを破棄し、最初からテー
     ブルを作り直します。こうして、アルゴリズムをファイルの次の "block" へ適用
     していくことができます。



関連項目

     Welch, Terry A., "A Technique for High Performance Data Compression",
     IEEE Computer, 17:6, pp. 8-19, June, 1984.


歴史

     compress コマンドは 4.3BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                     April 18, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス