ul(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ul

前のページ 上に戻る 次のページ

ul




解説

     ul は、 file が指定されていればそのファイルを、指定されていなければ標準入
     力を読み込み、アンダラインを表示すべき部分を、環境変数 TERM で定義されて
     いる端末にあわせてアンダラインを表示するシーケンスに変換します。アンダラ
     インのシーケンスを決定するために、 /etc/termcap が読み込まれます。端末が
     アンダライン機能を持たず、強調表示機能を持っている場合には、強調表示をか
     わりに使用します。もし端末が二重印字できる場合、すなわち端末自体にアンダ
     ラインを扱う機能がある場合には、 ulcat(1) と同じになります。端末がア
     ンダラインを扱えない場合は、アンダラインを無視します。

     オプションとしては以下のものがあります。

     -i      アンダラインのかわりに、次の行の当該位置にダッシュ `-' を表示しま
             す。画面上で nroff 出力でアンダラインを見たいときには有効です。

     -t terminal
             terminal で端末を指定します。デフォルトでは環境変数 TERM の値が使
             用されます。


環境変数

     TERM  tty デバイスの能力を表します ( termcap(5) 参照)。通常、環境変数
           TERM は、ログイン時に、 /etc/ttys に指定されたデフォルト端末タイプ
           か、ユーザのログインプロセスのなかで login ファイル ( environ(7) 参
           照) によって設定されます。


関連項目

     colcrt(1), man(1), nroff(1)


バグ

     nroff(1) は、通常、バックスペースとアンダライン文字の組とテキストとを交互
     に出力し、アンダラインを表します。 ul は、このカーソルの逆方向への移動の
     最適化までは行ないません。


歴史

     ul コマンドは 3.0BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス