tsort(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

tsort

前のページ 上に戻る 次のページ

tsort




解説

     tsort はグラフの有向アークを表現するノード名の対を列挙したもの入力とし、
     トポロジカルな順序でノード名を標準出力に出力します。入力は指定されたファ
     イル file から、あるいは指定がない場合は標準入力から読み込みます。

     入力においてノード名は空白で区切ります。ノードの数は偶数個でなければなり
     ません。

     グラフ中のノードは自分自身へのアークを持つノードとして記述することができ
     ます。これはノードが他のノードと接続されていない場合に有用です。

     グラフがサイクルを含んでいる(そのままではソートできない)場合、サイクル上
     の 1 つのアークを無視してソートを続行します。サイクルは標準エラー出力に報
     告されます。

     オプションは以下の通り:

     -d      デバッグ機能を有効にします。

     -l      最長サイクルを検索して表示します。かなり時間がかかる場合がありま
             す。

     -q      サイクルに関して詳しい情報を表示しません。これは主としてライブラ
             リ構築向けです。その場合必ずしも最適な順序を求める必要はなく、サ
             イクルもしばしば含まれます。


関連項目

     ar(1)


歴史

     tsort コマンドは Version 7 AT&T UNIX で登場しました。本 tsort コマンドと
     マニュアルは Memorial University of Newfoundland の Michael Rendell によ
     る Berkeley に提供されたコードをベースにしています。

FreeBSD 4.4                      April 1, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス