truss(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

truss

前のページ 上に戻る 次のページ

truss


     truss [-S] [-o file] command [args]


解説

     truss は指定したプロセスやプログラムが呼び出すシステムコールをトレースし
     ます。出力は指定した出力ファイルか、デフォルトでは標準エラー出力へ送られ
     ます。処理は procfs(5) でプロセスを監視し、それを停止させたり再開させて行
     なわれます。

     オプションは以下のとおりです :

     -S      プロセスが受信するシグナルについての情報は表示しません。 (通常、
             truss はシステムコールイベントと同様、シグナル情報も表示します。)

     -o file
             出力を標準エラー出力ではなく、指定したファイル file へ送ります。

     -p pid  新しくコマンドを起動するのではなく、指定したプロセス ID pid のプ
             ロセスを追います。

     command [args]
             コマンド command を実行し、そのシステムコールをトレースします。 (
             オプション -pcommand は互いに排他的にしか使用できません。)


使用例

     # "hello" を echo する際に使われるシステムコールを追います
           $ truss /bin/echo hello
     # 同じことをしますが、出力をファイルに書き込みます
           $ truss -o /tmp/truss.out /bin/echo hello
     # すでに動作しているプロセスを追います
           $ truss -p 1


関連項目

     kdump(1), ktrace(1), procfs(5)


歴史

     truss コマンドは Sean Eric Fagan が FreeBSD 用に作成しました。 System V
     Release 4 や SunOS で利用可能な類似のコマンドをモデルにしました。

FreeBSD 4.4                    November 23, 1997                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス