truncate(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

truncate

前のページ 上に戻る 次のページ

truncate


     truncate [-c] -r rfile file ...


解説

     truncate ユーティリティは、コマンド行で与えられた通常ファイルそれぞれの長
     さを調整します。

     次のオプションが使用できます:

     -c      ファイルが存在していなくても、ファイルを作成しません。 truncate
             ユーティリティは、ファイルが存在しないときでもエラーとはみなしま
             せん。何のエラーメッセージも出力しませんし、終了ステータス値にも
             影響がありません。

     -r rfile
             rfile ファイルと同じ長さに切り詰めます。

     -s [+|-]size[K|M|G]
             size 引数がプラス符号 (+) で始まる場合には、ファイル長はこのバイ
             ト数だけ拡張されます。 size 引数がダッシュ (-) で始まる場合には、
             ファイル長は最大このバイト数だけ切り詰められます。最小ファイル長
             は 0 バイトです。これら以外の場合、 size 引数は、ファイルの絶対長
             を指定します。すべてのファイルがこの絶対長になるよう、適切に拡張
             されたり切り詰められたりします。

             size 引数には、後ろに K, M, G のうちどれか 1 つをつけることがで
             き、それぞれ、キロバイト、メガバイト、ギガバイト倍を示します。

     -r および -s オプションのいずれかを必ず指定しなくてはなりません。

     ファイルが小さくなる場合、はみ出した分のデータは失われます。ファイルが大
     きくなる場合、値 0 のデータを書いたかのように拡張されます。ファイルが存在
     しない場合、 -c オプションが設定されていなければファイルを作成します。

     ファイルを切り詰めるという操作ではディスクスペースは開放されますが、ファ
     イルを拡張するという操作ではスペースは割り当てられません。ファイルを拡張
     し、実際にスペースを割り当てるためには、 (例えば) シェルの `>>' リダイレ
     クションや dd を使用して明示的にファイルにデータを書き出してやる必要があ
     ります。


診断

     ユーティリティ truncate は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終
     了します。引数に対する操作が失敗したときには、 truncate は診断メッセージ
     を出し、残りの引数の処理を続けます。


関連項目

     dd(1), touch(1), truncate(2)


規格

     truncate ユーティリティは、周知の規格に従ったものではありません。


歴史

     truncate ユーティリティは、 FreeBSD 4.2 で初めて登場しました。

ABELNET VPSサービス