time(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

time

前のページ 上に戻る 次のページ

time




解説

     time はタイマーを初期化して、シェルに command を実行させ、処理に要した時
     間を計測します。 command の実行を終えると、実行開始から実際に経過した時
     間、 command の実行に要した時間、システムのオーバヘッドに費された時間
     を、(秒単位で) 標準エラー出力に出力します。

     使用可能なオプション:

     -a      -o が使用されている場合、上書きするのではなく、指定されたファイル
             に追加します。 -o が使用されていない場合には、このオプションは効
             果ありません。

     -h      人に優しい書式で時刻を表示します。時刻は、分や時間等の適切な書式
             で表示されます。

     -l      デフォルトの出力に加え、 rusage 構造体の内容を表示します。

     -o file
             出力を標準エラー出力ではなく file に対して行います。 file が存在
             し、 -a フラグが指定されなかった場合、ファイルは上書きされます。

     -p      POSIX.2 に従った出力を、 time にさせます (各時間が各行に表示され
             ます)。

     シェルによっては、本ユーティリティと似たまたは同じ、組み込みの time コマ
     ンドを提供しているものがあります。 builtin(1) マニュアルページを参照して
     ください。


診断

     command を成功裏に時間計測できた場合、コマンドの終了状態が返されます。
     command が異常終了した場合、警告メッセージが標準エラー出力に出力されま
     す。 command が見付かったものの実行できなかった場合、終了状態は 126 にな
     ります。 command が見付からなかった場合、終了状態は 127 になります。 time
     が他のエラーとなった場合、終了状態は 1 以上 125 以下となります。


関連項目

     builtin(1), csh(1), getrusage(2), wait(2)


規格

     time ユーティリティは、 ISO/IEC 9945-2:1993 (``POSIX'') に従っていると期
     待されています。


歴史

     time は Version 6 AT&T UNIX から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス