tftp(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

tftp

前のページ 上に戻る 次のページ

tftp




解説

     tftp は、インターネット TFTP (Trivial File Transfer Protocol) を用いて、
     リモートマシンとの間のファイル転送を行なうためのユーザインタフェースで
     す。リモートマシン名 host は、 tftp 起動時にコマンドラインで指定すること
     が可能です。この場合、 host はファイル転送を行なう際のデフォルトのホスト
     として使われます。 (以下の connect コマンドを参照のこと)。


コマンド

     tftp 起動後、コマンド入力を促すプロンプト ``tftp>'' が表示されます。この
     状態で使用できるコマンドは以下の通りです。

     ? command-name ...
              ヘルプメッセージを出力します。

     ascii    ``mode ascii'' の略です。

     binary   ``mode binary'' の略です。

     connect host-name [port]
              ファイル転送を行なう host を(必要あれば port 番号も同時に) 設定
              します。なお、 TFTP プロトコルは、 FTP プロトコルと違い、無通信
              状態においてはホスト間のコネクションを保持しないことに注意してく
              ださい。つまり、 connect コマンドはホスト間のコネクションを確立
              するのではなく、実際には転送を行なうホストを記憶するのに使用され
              ます。使用者は connect コマンドを使用する必要はなく、 get もしく
              は put コマンドを使用する時にリモートホストを指定することができ
              ます。

     get filename
     get remotename localname
     get file1 file2 ... fileN
              指定された形式でファイルを取得します。転送元の指定方法には 2 通
              りあります。 host がすでに指定されている場合、リモートホスト上の
              ファイル名を指定します。もしくは hosts:filename のようにリモート
              マシンとファイル名の両者を指定します。もし後者の形式が使用される
              場合、最後に指定されたリモートホスト名が以後のファイル転送の対象
              ホストとなります。

     mode transfer-mode
              転送モードを設定します。転送モードは asciibinary の 2 通りが
              あります。デフォルトは ascii となります。

     put file
     put localfile remotefile
     put file1 file2 ... fileN remote-directory
              指定されたファイルまたはディレクトリをリモートホストに転送しま
              す。転送先の指定方法は 2 通りあります。 host がすでに指定されて
              いる場合、リモートホスト上に作成されるファイル名を指定します。も
              しくは hosts:filename のようにリモートホストとファイル名の両者を
              指定します。後者の形式が使用される場合、最後に指定されたリモート
              ホスト名が以後のファイル転送の対象ホストとなります。また、ディレ

     verbose  トグル動作でバーボーズモードの ON/OFF を設定します。


バグ

     TFTP プロトコルには、ユーザ認証機構がないために、リモートマシン上のファイ
     ルには何らかの種類のアクセス制限が生じることがあります。それらに関しては
     いろいろな例があるため、ここには記述しません。

     33488896 オクテット (65535 ブロック) を越えるファイルは、クライアントとサ
     ーバがブロックサイズのネゴシエーション (RFC1783) をサポートしていなけれ
     ば、転送不可能です。


歴史

     tftp コマンドは 4.3BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                     April 18, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス