test(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

test

前のページ 上に戻る 次のページ

test


     [ expression ]


解説

     test ユーティリティは、式を評価し、結果が真なら 0 (true) を、偽なら 1
     (false) を戻り値として返します。引数の式がない場合も 1 (false) を返しま
     す。

     演算子やフラグなどは、一つ一つ独立な引数として test ユーティリティに渡し
     ます。

     式は以下の基本要素から構成されます:

     -b file       file が存在し、それがブロック特殊ファイルであるならば真にな
                   ります。

     -c file       file が存在し、それがキャラクタ特殊ファイルであるならば真に
                   なります。

     -d file       file が存在し、それがディレクトリであるならば真になります。

     -e file       file が存在すれば真になります (ファイルの種類に依りませ
                   ん)。

     -f file       file が存在し、それが通常ファイルであるならば真になります。

     -g file       file が存在し、それに setgid フラグが立っていれば真になりま
                   す。

     -h file       file が存在し、それがシンボリックリンクであるならば真になり
                   ます。この演算子は、本プログラムの以前のバージョンとの互換
                   性のためにあります。この演算子があることに依存しないように
                   してください。代りに -L を使用してください。

     -k file       file が存在し、それにスティッキービットが立っていれば真にな
                   ります。

     -n string     string の長さが 0 でなければ真になります。

     -p file       file が名前つきパイプ (FIFO) であるならば真になります。

     -r file       file が存在し、それが読み込み可能であれば真になります。

     -s file       file が存在し、そのファイルサイズが 0 より大きければ真にな
                   ります。

     -t [file_descriptor]
                   ファイルディスクリプタ番号が file_descriptor であるファイル
                   がオープンされており、これが端末に結びつけられていれば真に
                   なります。

     -u file       file が存在し、それに setuid フラグが立っていれば真になりま
                   す。

     -O file       file が存在し、その所有者と本プロセスの実効ユーザ ID とが
                   マッチする場合に真になります。

     -G file       file が存在し、そのグループと本プロセスの実効グループ ID と
                   がマッチする場合に真になります。

     -S file       file が存在し、ソケットの場合に真になります。

     file1 -nt file2
                   file1 が存在し、 file2 よりも新しい場合に真になります。

     file1 -ot file2
                   file1 が存在し、 file2 よりも古い場合に真になります。

     file1 -ef file2
                   file1file2 が存在し、これらが同一のファイルを参照する場
                   合に真になります。

     string        string が空文字列でなければ真になります。

     s1 = s2       文字列 s1s2 が同一であれば真になります。

     s1 != s2      文字列 s1s2 が同一でなければ真になります。

     s1 < s2       文字列 s1 が文字列 s2 に対し、文字の ASCII 順において前に来
                   る場合に真になります。

     s1 > s2       文字列 s1 が文字列 s2 に対し、文字の ASCII 順において後に来
                   る場合に真になります。

     s1            文字列 s1 が空文字列でない場合に真になります。

     n1 -eq n2     整数 n1n2 が等しければ真になります。

     n1 -ne n2     整数 n1n2 が等しくなければ真になります。

     n1 -gt n2     整数 n1n2 がより大きければ真になります。

     n1 -ge n2     整数 n1n2 より大きいか等しければ真になります。

     n1 -lt n2     整数 n1n2 より小さければ真になります。

     n1 -le n2     整数 n1n2 より小さいか等しければ真になります。

     これらの基本要素は以下の演算子と組み合わせることができます:

     ! expression  expression が偽ならば真になります。

     expression1 -a expression2
                   expression1expression2 の両方が真ならば真になります。


戻り値

     test ユーティリティは次のいずれかの値を返します。

     0       式を評価した結果が真である

     1       式を評価した結果が偽であるか、式がない

     >1      エラーが発生した


関連項目

     expr(1), sh(1)


規格

     test ユーティリティは、 IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 仕様の上位互換実装
     です。

FreeBSD 4.4                      May 31, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス