tee(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

tee

前のページ 上に戻る 次のページ

tee




解説

     tee は、標準入力を標準出力にコピーするのと同時に、 file で指定した 0 もし
     くはそれ以上のファイルにも書き込みます。その際、出力はバッファリングされ
     ません。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -a      ファイルに書き込むとき、オーバーライトではなく、アペンドします。

     -i      シグナル SIGINT を無視します。通常は、すべてのシグナルを受け取り
             ます。

     以下のオペランドを使用可能です:

     file  出力 file のパス名。

     tee ユーティリティは、 -i オプションを指定した場合を除いては、全てのシグ
     ナルに対してデフォルトの動作をします。


診断

     ユーティリティ tee は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了し
     ます。


規格

     tee は IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 互換であると考えられています。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス