tcopy(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

tcopy

前のページ 上に戻る 次のページ

tcopy




解説

     tcopy は、磁気テープのコピーのためのプログラムです。記録したデータの終わ
     りに 2 つのテープマークがあるような磁気テープを想定しています。ソーステー
     プ (デフォルトでは /dev/rsa0) だけが指定された場合は、レコードサイズとテ
     ープのファイルに関する情報を表示します。ディスティネーションが指定された
     場合は、ソーステープがコピーされます。ディスティネーションテープのブロッ
     キングはソーステープと同じになります。テープをコピーすると、サイズを表示
     する場合と同様の表示が得られます。

     オプションには次のものがあります。

     -c        src から dest へコピーした後、両方のテープが同一であることを確
               認するためベリファイをします。

     -s maxblk
               ブロックサイズの最大値を maxblk で指定した値にします。

     -v        srcdest の両方のテープが同一であることを確認するためベリ
               ファイのみを行ないます。

     -x        標準出力へ全メッセージを出力します。このオプションは dest/dev/stdout の時に役に立ちます。


関連項目

     mtio(4)


歴史

     tcopy コマンドは 4.3BSD から登場しました。


バグ

     テープイメージをファイルへ書き込むと、生データ程は保たれません。ブロック
     サイズとテープの EOF マークは失われます。これらは、テープからテープへのコ
     ピーでは保たれます。

     EOD は、間にデータを持たない 2 個の連続した EOF マークで、判定されます。
     古いシステムには、テープファイル間に、典型的には 3 個の EOF を書き込むも
     のがあります。この場合、 tcopy(1) は誤ってしまい、早期にテープコピーを停
     止してしまいます。

     コピーとベリファイのオプション -c を使用すると、 tcopy(1) は開始時にテー
     プを巻戻しません。書き込み後、ベリファイ前に、巻き戻しされます。 BOT から
     開始していない場合、意図したデータに対する比較にはならないかもしれませ
     ん。

FreeBSD 4.4                     April 17, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス