tbl(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

tbl

前のページ 上に戻る 次のページ

tbl



書式

       tbl [ -Cv ] [ files...  ]


解説

       本マニュアルでは、groff ドキュメントフォーマットシステムの
       一部である GNU バージョンの tbl について記述しま す。  tbl
       は、 troff ドキュメントに埋め込まれた表の記述を troff が解
       釈できるコマンドに変換します。通常、 tblgroff-t オ
       プションを指定することにより起動されます。 tbl は Unix tbl
       と高い互換性を持ちますが、GNU tbl の出力は Unix troff で処
       理 することはできません。それは GNU troff で処理する必要が
       あります。コマンドラインにファイル名が指定されなかっ た 場
       合、 標準入力から読み込みます。ファイル名として - を指定し
       た場合も標準入力から読み込みます。


オプション

       -C     .TS.TE のあとに空白や改行以外の文字がきても、そ
              れを .TS.TE であると解釈します。

       -v     バージョン番号を表示します。


使用法

       ここでは GNU の tbl と Unix の tbl の違いだけ説明します。

       通常 tbl は転換(diversion)を使用し、表内で望ましくないブレ
       イクを抑止しようとします。これは、独自に転換を使用している
       マ ク ロパッケージ、例えばフットノートが使用された場合など
       に、干渉する場合があります。 nokeep オプションは tbl  に、
       こういったブレイクを使用させないようにします。

       decimalpoint  オプションはデフォルトのピリオドのかわりに小
       数点として認識される文字を指定します。これは tab オプ ショ
       ン と 同じように、括弧でくくられた一文字だけの引数をとりま
       す。

       f フォーマット修飾子の後には、括弧でくくられた任意の長さの
       フォント名を指定することができます。

       縦書きエントリをレンジの下部に整列させるという意味を持つ d
       フォーマット修飾子があります。

       表のカラム数にもテキストブロックの数にも制限はありません。
       カ ラム幅の決定については、最初の 200 行だけではなく、すべ
       ての行が考慮されます。表の継続 (.T&) 行は最初の 200 行に制
       限されません。

       数字と英字の項目を同じカラムに印字することもできます。

       数字と英字の項目を水平方向にまたがらせることもできます。

       tbl3 で始まる名前のレジスタ、文字列、マクロ、転換名を
       使用します。 tbl を使う際には 3 で始まる名前の使用は避ける
       めに使用することはできません。 bp のかわりに BP を以下のよ
       うに定義して使用して下さい。

              .de BP
              .ie '\\n(.z'' .bp \\$1
              .el \!.BP \\$1
              ..

       表中で直接 \a を使用しても、リーダはうまく得られません。こ
       れは正しい動作です: \a は B>解B>釈B>さB>れB>なB>いリーダです。リーダを
       得 る ためには、本物のリーダを使います。それには control A
       か以下を使用する必要があります:

              .ds a \a
              .TS
              tab(;);
              lw(1i) l.
              A\*a;B
              .TE


関連項目

       groff(1), troff(1)



Groff Version 1.17.2      6 August 2001                    TBL(1)

ABELNET VPSサービス