talk(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

talk

前のページ 上に戻る 次のページ

talk




解説

     talk は、視覚的な通信プログラムで、端末に入力された行を他のユーザの端末に
     コピーします。

     オプション:

     person   ログイン名だけを指定したときは、同じマシンにいるユーザと会話をす
              ることができます。他のマシンのユーザと会話をしたい場合は、
              `user@host' または `host!user' または `host:user' という形で
              person を指定します。

     ttyname  複数の端末にログイン しているユーザと会話をしたい場合、端末名
              ttyname を指定することができます。 ttyename は ``ttyXX'' という
              形で指定します。

     最初に呼び出しを行うとき、 talk は以下のようなメッセージを person に送り
     ます。
           Message from TalkDaemon@his_machine...
           talk: connection requested by your_name@your_machine.
           talk: respond with: talk your_name@your_machine

     メッセージを送られた相手は、この時点で以下のように返事をする必要がありま
     す。

           talk  your_name@your_machine

     ログイン名が同じであれば、相手はどのマシンから返事をしてもかまいません。
     一度、相手との接続が確立すると、2人のユーザは同時に書き込みを行うことがで
     きます。2人の書き込み結果は、異なったウィンドウに分割されて表示されま
     す。control-L `^L' を打ち込むと、画面を書き直します。また、erase, kill,
     word kill 文字は通常どおりの動作をします。会話を終了するには、中断
     (interrupt) 文字を入力します。 talk は、カーソルを画面の一番下に移動さ
     せ、端末を元の状態に戻します。

     talk から呼び出しを許すかどうかは、 mesg(1) で指定することができます。
     mesg(1) で設定してないときは、 talk からの呼び出しは許可されています。た
     だし、 nroff(1)pr(1) などのプログラムなどは、 talk からの呼び出しで出
     力画面が見にくくならないように、メッセージを拒否します。


関連ファイル

     /etc/hosts     受信者のホスト名を知るために用いる
     /var/run/utmp  受信者の端末名を知るために用いる


関連項目

     mail(1), mesg(1), who(1), write(1)


バグ

     4.3BSD で使われているバージョンの talk(1) のプロトコルは、 4.2BSD のもの
     とは互換性がありません。


歴史



ABELNET VPSサービス