tail(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

tail

前のページ 上に戻る 次のページ

tail




解説

     tail は、 file が指定されていればそのファイルを、指定されていなければ標準
     入力を読み込み、バイト数、行数、もしくは、512 バイト単位のブロック数で指
     定された位置以降を表示します。

     number に ``+'' をつけた場合は、入力の先頭からの指定となります。たとえ
     ば、 ``-c +2'' と指定すれば 2 バイト目から表示されます。 number に ``-''
     もしくは符号をつけていない場合は、入力の最後からの相対位置の指定となりま
     す。たとえば、 ``-n 2'' では最後の 2 行が表示されます。デフォルトでは
     ``-n 10'', で、入力の最後から 10 行分が表示されます。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -b number
             512 バイト単位のブロック数で指定します。

     -c number
             バイト単位で指定します。

     -f      ファイルの最後に達しても終了せず、入力に追加されるデータを待つよ
             うにします。 -f オプションは、標準入力がパイプの場合は無視されま
             すが、 FIFO の場合は無視されません。

     -F      -F オプションは -f オプションを暗示しますが、追跡されるファイルの
             名前変更やローテートをチェックします。読み込みを行っているファイ
             ルの i ノード番号が新しくなっていることを tail が検知した場合、
             ファイルをクローズして再オープンします。ファイルではなく標準入力
             読み込み時には -F オプションは無視されます。

     -n number
             行単位で指定します。

     -r      行ごとに、逆順に表示します。また、 -b, -c, -n の各オプションの意
             味も変わり、それぞれ表示するブロック数、バイト数、行数の指定にな
             ります。デフォルトでは、入力したものがすべて逆に表示されます。

     もし一つ以上のファイルが指定されていると、それぞれのファイルを表示する前
     に ``==> XXX <=='' という形式のヘッダを表示します。ただし ``XXX'' はファ
     イル名です。


診断

     ユーティリティ tail は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了し
     ます。


関連項目

     cat(1), head(1), sed(1)


規格

     tail ユーティリティは IEEE Std 1003.2-1992 (``POSIX.2'') のスーパセットで
     あると考えられています。特に -F, -b, -r オプションは拡張されたものです。


ABELNET VPSサービス