strip(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

strip

前のページ 上に戻る 次のページ

strip



名称

       strip - オブジェクトファイルからシンボルの削除



書式

       strip  [-F bfdname | --target=bfdname]
              [-I bfdname | --input-target=bfdname]
              [-O bfdname | --output-target=bfdname]
              [-R sectionname | --remove-section=sectionname]
              [-s | --strip-all] [-S | -g | --strip-debug]
              [--strip-unneeded] [-x | --discard-all]
              [-X | --discard-locals]
              [-K symbolname | --keep-symbol=symbolname]
              [-N symbolname | --strip-symbol=symbolname]
              [-o file] [-p | --preserve-dates] [-v | --verbose]
              [-V | --version] [-V | --help] objfile...



解説

       GNU strip はオブジェクトファイル objfile からシンボルをす
       べて削除します。オブジェクトファイルのリストにアーカイブが
       含まれていても構いません。少なくともひとつのオブジェクト
       ファイルが必要です。


       strip は変更されたコピーを別名で作成せず、引き数で指定した
       ファイルそのものを変更します。



オプション

       -F bfdname

       --target=bfdname
              オリジナルの objfile を bfdname オブジェクトコード
              形式のファイルとして扱い、それと同じ形式で上書きし
              ます。


       --help strip のオプションの一覧を表示して終了します。


       -I bfdname

       --input-target=bfdname
              オリジナルの objfile を bfdname オブジェクトコード
              形式のファイルとして扱います。


       -O bfdname

       --output-target=bfdname
              objfilebfdname 出力形式のファイルに置き換えま

       --strip-all
              すべてのシンボルを削除します。


       -S

       -g

       --strip-debug
              デバッギングシンボルだけを削除します。


       --strip-unneeded
              再配置処理に不必要なシンボルをすべて削除します。


       -N symbolname

       --strip-symbol=symbolname
              元ファイルから シンボル symbolname を削除します。こ
              のオプションは 1 回以上使うことができ、また他の
              strip のオプションと併用することができます。


       -o file
              存在するファイルを置き換える代わりに、 strip された
              出力を file に出します。この引き数を使用する時に
              は、objfile 引き数は 1 つしか指定できません。


       -p

       --preserve-dates
              ファイルのアクセス時刻と更新時刻を保存します。


       -x

       --discard-all
              グローバルでないシンボルを削除します。


       -X

       --discard-locals
              コンパイラによって生成されたローカルシンボル (これ
              は通常 ``L'' か ``.''  で始まります。) を削除しま
              す。


       -K symbolname, --keep-symbol=symbolname
              冗長な出力: 変更されたすべてのオブジェクトファイル
              を列挙します。アーカイブの場合、 strip -v はアーカ
              イブのすべてのメンバを列挙します。


       -V

       --version
              strip のバージョンを表示して終了します。



関連項目

       info; The GNU Binary Utilities, Roland H. Pesch (October
       1991). 中のエントリ `binutils'



COPYING

       Copyright (c) 1993, 2000 Free Software Foundation, Inc.

       This document is distributed under the terms of the GNU
       Free Documentation License, version 1.1.  That license is
       described in the sources for this manual page, but it is
       not displayed here in order to make this manual more
       consise.  Copies of this license can also be obtained
       from: http://www.gnu.org/copyleft/.































































































































































































































































































Free Software Foundation  09 March 2000                strings(1)

ABELNET VPSサービス