startslip(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

startslip

前のページ 上に戻る 次のページ

startslip


               [-A annexname] [-U upscript] [-D downscript]
               [-t script_timeout] [-W maxtries] [-w retry_pause]
               [-K keepalive] [-O outfill] [-S unit] device user password


解説

     startslip は指定された device をオープンします。ひとたびキャリアが確認さ
     れると(モデム制御が有効にされている場合)、 startslip は指定された user お
     よび password でのログインを試みます。 Annex オプション ( -A 参照) が指定
     されない限り、標準的な login: および Password: の方式を想定します。成功す
     ると、 startslip はその device を slip の回線規約に設定し、 upscript を呼
     び出してウェイトモードに入ります。キャリアが落ちる (モデム制御有効の場合)
     あるいは SIGHUP シグナルがに送られると、 startslip は device をクローズ
     し、 downscript を呼び出し、ダイヤルアップとログインのシーケンスを繰り返
     し試みます。 SIGTERM シグナルが送られると、 startslip は device をクロー
     ズし、 downscript を呼び出し、そして終了します。同一 device に対して
     startslip が 2 回呼び出されると、処理を行う前にひとつめの startslip が
     SIGTERM シグナルによって kill されます。

     以下のオプションを利用可能です:

     -d      行おうとしている処理に関するデバッグ情報を出力します。

     -b speed
             device に用いるボーレートを決定します。デフォルトは 9600 です。

     -t script_timeout
             ログインスクリプトのタイムアウトを秒単位で指定します。デフォルト
             は 90 です。

     -w retry_pause
             接続再試行の間の待ち時間を秒単位で指定します(再試行のたびに長くな
             ります)。デフォルトは 60 です。

     -W maxtries
             一つのセッション内で接続再試行する最大回数を設定します。デフォル
             トは 6 回です。0 を指定すると無限回という意味になります。

     -s stringN
             オプション文字列 stringNdevice に書き出します。改行は自動的に
             付加されます。ダイヤルアップモデムの場合、この文字列を用いてダイ
             ヤルシーケンスを指定します。デフォルトでは文字列は全く書き出しま
             せん。複数個の -s stringN 引数を指定して、例えばいくつかのホスト
             の電話番号を接続試行毎に切り替えるように指定できます。

     -A annexname
             Xylogics の Annex box に接続しているものとみなし、引数 user およ
             び password を用いて適切なダイアログを行います。引数 annexname は
             Annex プロンプトとマッチさせて接続が確立したことを判断するのに用
             いる文字列です。

     -h      device に対してハードウェアフロー制御 (CTS/RTS) を用います。デ
             フォルトではフロー制御は行いません。
             す。スクリプトには引数として "slX down" が渡されます。デフォルト
             は /sbin/ifconfig です。ダイヤルシーケンス番号 ( -s 参照) は環境
             変数 LINE を通じて渡されます。

     -K keepalive
             SLIP の "keep alive" タイムアウトの秒数を設定します。この時間内に
             FRAME_END を受信しなければ、再接続が行われます。向こう側からのア
             クティブな "out fill" タイムアウトを期待します。デフォルトではタ
             イムアウトなしです。

     -O outfill
             SLIP の "out fill" タイムアウトの秒数を設定します。この時間内に
             FRAME_END を少なくとも 1 回送信するようにします。向こう側で "keep
             alive" タイムアウトが設定されている必要があります。デフォルトでは
             タイムアウトなしです。

     -S unit
             SLIP ユニットナンバを直接設定します。 2 つのインタフェースが同一
             のナンバを使っていることはチェックしないので、注意して使用して下
             さい。デフォルトではダイナミックな割り当てを行います。

     -L      UUCP 形式のデバイスロックを行います。既に UUCP ロックを行っている
             外部プログラムから startslip を実行する場合以外は、これが必要で
             す。デフォルトの場合、そのようなプログラムを満足させる UUCP ロッ
             クは行いません。


関連ファイル

     /var/run/startslip.<device>.pid  PID がここに格納されます。
     /usr/share/examples/startslip/*


関連項目

     uustat(1), slattach(8), sliplogin(8)


歴史

     startslip は 4.4BSD で登場しました。

4.4BSD                           June 5, 1993                           4.4BSD

ABELNET VPSサービス