split(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

split

前のページ 上に戻る 次のページ

split




解説

     split は、 file が指定された場合はそのファイルを、指定されなかった場合は
     標準入力から読み込んだデータを、1000 行ごとに分割します。

     オプションは以下のとおりです。

     -b      byte_count バイト単位で分割します。 ``k'' を数字の後ろに付けた場
             合は、 byte_count キロバイト単位で分割します。 ``m'' を数字の後ろ
             に付けた場合は、 byte_count メガバイト単位で分割します。

     -l      n 行単位で分割します。

     -p pattern
             拡張正規表現として解釈される pattern に入力行がマッチするたび、
             ファイルが分割されます。マッチする行は、次の出力ファイルの最初の
             行になります。本オプションは、 -b および -l のオプションと共には
             指定できません。

     オプションのあとに引数を指定した場合、最初の引数は入力ファイルの名前とし
     て扱われます。その次の引数は、分割したデータを格納するファイル名の接頭語
     として扱われます。この場合、分割したデータを格納するファイル名は接頭語の
     あとに ``aa-zz'' という文字列を付けたファイルに、辞書式順序で分割されま
     す。

     name が指定されなかった場合、分割されたデータは ``xaa-zzz'' というファイ
     ルに、辞書式順序で分割されます。


バグ

     歴史的な理由により、 name を指定した場合は、 split は 最大 676 個のファイ
     ルにしか分割できません。デフォルトのファイル名に分割した場合は、最大 2028
     個のファイルに分割することができます。

     パターンにマッチする最大行長は 65536 です。


関連項目

     re_format(7)


歴史

     split は Version 6 AT&T UNIX から登場しました。

FreeBSD 4.4                     April 16, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス