sockstat(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sockstat

前のページ 上に戻る 次のページ

sockstat




解説

     sockstat コマンドは、インターネットドメインおよび UNIX ドメインの開いてい
     るソケットを列挙します。

     次のオプションを使用可能です:

     -4          AF_INET (IPv4) ソケットを表示します。

     -6          AF_INET6 (IPv6) ソケットを表示します。

     -c          connect しているソケット数を表示します。

     -l          listen しているソケット数を表示します。

     -u          AF_LOCAL (UNIX) ソケットを表示します。

     -4, -6, -u のいずれも指定しない場合、 sockstat は 3 ドメインすべてのソ
     ケットを表示します。

     -c, -l のいずれも指定しない場合、 sockstat は、listen 中および connect 中
     の両方のソケットを列挙します。

     各ソケットに関して列挙される情報は次の通りです:

     USER             ソケットを所有するユーザです。

     COMMAND          ソケットを保持するコマンドです。

     PID              ソケットを保持するコマンドの、プロセス ID です。

     FD               ソケットのファイル記述子番号です。

     PROTO            インターネットソケットに対しては、関連付けられている、転
                      送プロトコルです。 UNIX ソケットに対しては、ソケットタイ
                      プ (ストリームまたはデータグラム) です。

     ADDRESS          (Unix ソケットのみ) bind されたソケットに対しては、これ
                      はソケットのファイル名です。他のソケットに対しては、名前
                      と PID と相手のファイル記述子番号であるか、ソケットが
                      bind されていないか connect されていない場合には
                      ``(none)'' です。

     LOCAL ADDRESS    (インターネットソケットのみ) ソケットのローカル側の終点
                      が結合されているアドレスです ( getsockname(2) 参照)。

     FOREIGN ADDRESS  (インターネットソケットのみ) ソケットの外界側の終点が結
                      合されているアドレスです ( getpeername(2) 参照)。


関連項目

     fstat(1), netstat(1), inet(4), inet6(4)


ABELNET VPSサービス