skey(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

skey

前のページ 上に戻る 次のページ

skey


     S/key はコンピュータシステムへのアクセスを認証する際にワンタイムパスワー
     ドを使用するための手続きです。 MD4 アルゴリズムにより変換された 64 ビット
     の情報を使用します。ユーザは安全性が保証されたコンピュータで生成された 6
     つの英単語の形式で 64 ビットのパスワードを供給します。 S/key プログラム
     key の使用例

           >key 99 th91334
           Enter password: <あなたのシークレットパスワードをここに入力します>
           OMEN US HORN OMIT BACK AHOY
           >

     S/key システムの部品となるプログラムは keyinit, key, keyinfo です。あなた
     の ID をセットアップするために keyinit が使用されます。ワンタイムパスワー
     ドを得るために毎回 key が使用されます。 S/key データベースから情報を取り
     出すために keyinfo が使用されます。

     keyinit を実行すると、あなたのシークレットパスワードがシステムに通知され
     ます。 key を実行するとあなたのシークレットパスワードを要求して、ワンタイ
     ムパスワードが生成されます。もしもあなたが key を実行する時にパスワードを
     打ち間違えると、何の問題も指摘されずにうまく動かないパスワードのリストを
     得ることになってしまいます。

     パスワードシーケンス番号は 99 から減算されていきます。もしあなたがこのこ
     とを知らないと、 key コマンドの使用法はわかりにくいことでしょう。

     key プログラムがパスワードを大文字で与えたとしても、小文字でパスワードを
     入力することができます。

     Macintosh と汎用 PC で使用することができます。

     FreeBSD では、 /etc/skey.access によりどのホストやネットワークからのアク
     セスに対して S/key パスワードの使用義務を負わせるかを制御することができま
     す。


関連項目

     keyinit(1), key(1), keyinfo(1), skey.access(5)


作者

     Phil Karn
     Neil M. Haller
     John S. Walden
     Scott Chasin

FreeBSD 4.4                    October 28, 1993                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス