shar(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

shar

前のページ 上に戻る 次のページ

shar




解説

     shar コマンドは、コマンドラインで指定したファイル階層を再生成するための
     sh(1) のスクリプトファイルを生成するものです (ちなみに、 shar 自身、シェ
     ルスクリプトです)。 shar で生成されるスクリプトファイルでディレクトリを再
     生成する場合、コマンドライン上での指定は、その中に作成されるファイルより
     も先にディレクトリを指定しなくてはなりません ( find(1) の出力はこの順番で
     出るので、正しく動作します)。

     shar コマンドは、通常は少数のファイルを ftp(1)mail(1) を用いて配布す
     る場合に用いられます。


関連ファイル

     compress(1), mail(1), tar(1), uuencode(1)


バグ

     shar は、特殊な形式のファイルや、特定の文字をサポートするようには出来てい
     ません。 shar コマンドは最後の文字として改行 ('\n') を含まないファイルを
     扱えません。

     shar ファイルにトロイの木馬 (ウイルスの一種) をもぐり込ませることは簡単に
     出来ます。すべてのシェルアーカイブファイルは、 sh(1) を用いて走行させる前
     に、十分に点検を行なうことを強くおすすめします。このインプリメントの shar
     を用いて作成されたアーカイブならは、以下のコマンドで簡単に点検ができま
     す。

           egrep -v '^[X#]' shar.file


使用例

     プログラム ls(1) のシェルアーカイブを作成して Rick にメールするには以下の
     ようにします:

           cd ls
           shar `find . -print` |  mail -s "ls source" rick

     このプログラムを再作成するには以下のようにします:

           mkdir ls
           cd ls
           ...
           <メールのヘッダを削除してアーカイブの検査をします>
           ...
           sh archive


歴史

     shar コマンドは 4.4BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス