sgsc(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sgsc

前のページ 上に戻る 次のページ

sgsc




解説

     sgsc ユーティリティはハンディスキャナデバイスドライバである gsc によって
     提供される ioctl リクエストへのシェルレベルでのアクセスを提供します。リク
     エストの正確な意味については gsc(4) を参照して下さい。一般的にはリクエス
     トは gsc スキャナデバイスの出力と動作を変更します。 sgsc がオプションなし
     で実行された時には、現在の設定の報告のみを行ないます。

     以下のオプションを使用可能です。

     -s [GSC_SRESSW]
             解像度選択スイッチの値にてスキャナを設定します。

     -q      クワイエットモードで実行します。すなわち、現在の設定についての報
             告は行ないません。通常は、変更が行なわれるとパラメータが表示され
             ます。

     -f file
             ファイル名によって与えられた、異なるスキャナデバイスのノードに対
             して操作します。複数のスキャナデバイスのノードがある場合でも、そ
             れらのいくつかは同じデバイスユニットを参照していることがあること
             に注意して下さい。変更はそれをアクセスするデバイスノードではな
             く、指定したユニットに対して実行されます。

     -r resolution [GSC_SRES]
             解像度を dpi でセットします。

     -w width [GSC_SWIDTH]
             ビットマップの幅をピクセルでセットします。

     -h height [GSC_SHEIGHT]
             ビットマップの高さをピクセルのライン数でセットします。

     -b len [GSC_SBLEN]
             内部の dma バッファサイズを len 行となるようにセットします。

     -t timeout [GSC_SBTIME]
             dma バッファを一つ読み込む時のタイムアウト時間をセットします。


関連ファイル

     /dev/gsc0   raw 出力のデバイスノード
     /dev/gsc0p  pbm ファイルフォーマットで出力するデバイスノード


関連項目

     gsc(4)


作者

     Gunther Schadow <gusw@fub46.zedat.fu-berlin.de>





ABELNET VPSサービス