send(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

send

前のページ 上に戻る 次のページ

send



SYNOPSIS

       send  [-alias aliasfile]  [-draft]  [-draftfolder +folder]
            [-draftmessage msg]                  [-nodraftfolder]
            [-filter filterfile]       [-nofilter]      [-format]
            [-noformat] [-forward] [-noforward] [-mime] [-nomime]
            [-msgid]       [-nomsgid]      [-push]      [-nopush]
            [-split seconds]  [-verbose]  [-noverbose]   [-watch]
            [-nowatch] [-width columns] [file ...]  [-help]


DESCRIPTION

       send   は 指 定 さ れ た ファ イルのそれぞれをメッセージの
       "To:"、"cc:"、"Bcc:"、そして "Fcc:" 行に書かれている宛先の
       そ れ ぞれへ(post (8) 経由で)配送します。もし senddist
       から呼び出されてメッセージを再配布している時には、代わりに
       "Resent-xxx" 行が使われます。

       も し `-push' が指定されると、 send はユーザーの端末から離
       れ、バックグラウンドで処理を行ないます。この時に、ドラフト
       が配送出来なかった場合、 `-forward' オプションがついている
       と、そのドラフトは失敗したという告知と共にユーザーに返送さ
       れ てきます。これは、send をバックグラウンドで実行した場合
       とは違います。なぜなら、 MH によって出力が捉えられ解析され
       るからです。

       `-verbose'  が指定されると、 send は実際の配送の前に配送シ
       ステムとの間で行なわれる動作を示します。 `-watch' が指定さ
       れ ると、send はローカルとネットワーク・メールの配送を監視
       します。従って、両方のオプションが指定されると、メッセージ
       が配送システムに入っていくそれぞれの過程に関する情報の詳細
       がたくさん集められます。

       `-draftfolder +folder' と `-draftmessage msg' オプションは
       MH のドラフト・フォルダ機能を呼び出します。これは進んだ(そ
       して極めて有用な)仕様です。詳し く は  mh-profile (5)   の
       Draft-Folder 部分などを参照して下さい。

       も し、`-split' が指定されると、 send は配送する前にドラフ
       トを一つまたはそれ以上の部分に分割します。これは MH のマル
       チ メ ディア仕様を使うようにします (MIME の multipart/par-
       tial の事です)。しかし、もし senddist (1) から呼ばれた
       場 合 には、このオプションは無視される事に注意して下さい。
       メッセージを再配布する場合にはこの仕様は無意味だからです。
       分 割メッセージを配送した後に、send に待って欲しいと思う事
       もあります。これは通常、sendmail を走らせていて、多数の 分
       割メッセージを作ろうと思っている時でしょう。 `-split' に対
       する引数で、各配送の後どれぐらい待って次を配送するかを指定
       できます。

       sendfile 引数が指定されてない場合、そのドラフトが意図
       したファイルであるかどうかを聞いてきま す。 こ の 質 問 は
       `-draft'  で抑制されます。ひとたび配送システムがメッセージ
       を受けとると、そのファイルは頭にコンマ(またはサイト依存 の
       あ る いは、メッセージの包含に MIME ルールを使う場合には、
       `-mime' オプションを使います。この場合、message/rfc822  形
       式として、メッセージが取り込まれます。

       メッ セ ー ジ を 送 る 前 に、 メッ セ ー ジのヘッダー行に
       "From: user@local"、そして、"Date: now" が付けられます。も
       し 環 境変数 $SIGNATURE が設定されている場合、その内容が、
       メッセージの "From:" 行を作成する際に、その行に埋め込ま れ
       る個人名として使われます。もし、この環境変数が設定されてい
       ない場合、 send はプロファイル・エントリ "Signature" を 見
       ま す。 MH が UCI オプション付きで構築されており、 $SIGNA-
       TURE が設定されておらず、 "Signature" エントリもない場合に
       は、 $HOME/.signature ファイルを見に行きます。 `-msgid' オ
       プションを付けると、 "Message-ID:" や "Resent-Message-ID:"
       行をヘッダーに付けるようなります (そうでない場合は、ひょっ
       として配送システムが付ける事になるかも知れません)。

       send がメッセージを再配布している場合 (dist から呼び出され
       た 場 合)、  "Resent-"   が "From:"、"Date:"、そして "Mes-
       sage-ID:" のそれぞれの代わりをします。もしメッセージが既に
       "From:" 行を含む場合、 "Sender: user@local" 行がうまく付け
       加わります ("Sender:" 行が既に存在するのはエラーです)。

       `-format' オプションをつけると、 "To:" と "cc:" 行のそれぞ
       れ の 内容が、標準的な形式に置き換わります。この標準形式は
       Internet 周辺の様々なシステムに於ける全てのメッセージ処 理
       ソ フ トによって使用できるようデザインされたものです。もし
       `-noformat' が指定されると、ヘッダーはメッセージ・ドラフト
       に書かれていたそのままの形で出力されます。

       もし "Fcc: folder" 行があった場合、メッセージは Bcc でない
       全ての受取人が受けとるような形式で、差出人のために、指定の
       フォルダにコピーされます。つまり、それはヘッダー行の追加と
       形式変更を済ませた後の状態です。 "Fcc:" 行は送出される全て
       のメッセージからは削除されます。

       `-width columns'  オプションを指定すると、ユーザーは、アド
       レスを含むヘッダー行をどれぐらいの長さにすべきかを send に
       指示できます。

       プロファイルの "Aliasfile:" エントリで指定されたファイルと
       `-alias aliasfile' オプションで指定された全てのエ イ リ ア
       ス・ファイル (それぞれ `-alias' を頭につけて、複数のファイ
       ルを指定できる)が読まれます。詳細は mh-alias (5) を参照 し
       て下さい。


FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める
       Draft-Folder:        デフォルトのドラフト・フォルダを示す
       `-forward'
       `-nomime'
       `-nomsgid'
       `-nopush'
       `-noverbose'
       `-nowatch'
       `-width 72'


CONTEXT

       無し。


BUGS

       設定の仕方によっては、メールの配送状態を監視できない場合が
       あります。そういうシステムでは `-watch' は何もしません。

       `-split 0' は現在うまく働きません。



[mh.6]                        MH.6.8                      SEND(1)

ABELNET VPSサービス