sdiff(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sdiff

前のページ 上に戻る 次のページ

sdiff




書式

       sdiff -o outfile [options] from-file to-file


解説

       sdiff は、2 つのファイルつを読み込んでマージし、結果を対話
       的に outfile に出力します。

       も し、  from-file としてディレクトリを指定し、 to-file が
       ディレクトリでなかった場合、 sdiff は、 to-file で指定した
       ファ イル名と同じ名前のファイルを from-file のディレクトリ
       から捜して、そのファイルとの間で比較を行ないます。その逆も
       同じです。 from-fileto-file の両方にディレクトリを指定
       することはできません。

       sdiff のオプションは - から始まりますので、通常  from-fileto-file- から始まるものを指定できません。しかし、引
       数に -- を指定することにより、残りの引数がたとえ -   で 始
       まっ て い たとしてもファイル名として扱わせます。 - を入力
       ファイルとして使用することは出来ません。

       -o (や --output) 無しで sdiff を使用すると、左右に差分を表
       示します。この使い方は廃れています; diff --side-by-side と
       して使って下さい。


   B>オB>プB>シB>ョB>ン
       以下は GNU sdiff が受け付けるオプションのまとめです。ど の
       オ プションも 2 つの等価な名前を持ちます。一つは一文字で前
       に - が付き、もう一つは長い名前で前に -- が付きます。一 文
       字のオプション(引数を取らない場合に限ります)は、まとめて一
       つのコマンドライン引数に出来ます。長い名前のオプションは識
       別できる限りにおいて短縮できます。

       -a      テキストに見えないとしても、全てのファイルをテキス
              トとして扱い、行毎に比較します。

       -b     空白の量の違いを無視します。

       -B     空白行の増減を無視します。

       -d     より小さい違いを見付けるかも知れないアルゴリズム に
              変更します。 sdiff は遅く(あるときには過度に遅く)な
              ります。

       -H     多くの小さな違いを持つ大きなファイルを高速 に 扱 う
              ヒューリスティクスを使用します。

       --expand-tabs
              出 力においてタブを空白に展開し、入力ファイルのタブ
              の境界条件を保存します。

              同一視します。

       --ignore-matching-lines=regexp
              regexp にマッチする行の挿入および削除を無視します。

       --ignore-space-change
              空白の量に関する違いを無視します。

       -l
       --left-column
              共通の行に関しては左のカラムだけを表示します。

       --minimal
              より小さい違いを見付けるかもしれないアルゴリズム に
              変更します。 sdiff は遅く(あるときには過度に遅く)な
              ります。

       -o file
       --output=file
              マージした出力を file に出力します。マージ時には こ
              のオプションが必要です。

       -s
       --suppress-common-lines
              共通行を表示しません。

       --speed-large-files
              多 く の 小さな違いを持つ大きなファイルを高速に扱う
              ヒューリスティクスを使用します。

       -t     出力においてタブを空白に展開し、入力ファイルのタ ブ
              の境界条件を保存します。

       --text  テキストに見えないとしても、全てのファイルをテキス
              トとして扱い、行毎に比較します。

       -v
       --version
              sdiff のバージョンを表示します。

       -w columns
       --width=columns
              出力の幅を columns にします。歴史的な理由で、  diff
              では -W に、 sdiff では -w になっています。

       -W      行を比較する時に水平空白を無視します。歴史的な理由
              で diff では -w に、 sdiff では -W になっています。


関連項目

       cmp(1), comm(1), diff(1), diff3(1)


診断



ABELNET VPSサービス